神前結婚式の撮影で押さえておきたいポイント その3(レタッチ編集編)

 

みゆさん、お疲れ様でした♪
みゆさんに撮ってもらって幸せ倍増だったよ。
みゆさんの優しい光がふんだんに散りばめられてて、
改めてみゆさんに撮っていただいて、良かったよ~♪
ほんとにみゆさんにお願いしたから残せたんだよー!
ウェディング会社のカメラマンだったら撮れなかったし、
全体的な写真の仕上がりも通り一遍の物だったと思う。

みゆさんの感性で撮ってもらえたのが嬉しかったし、

だからこそ良い式にできたと思ってます。(クライアント新郎Y様より)

 

 

こんにちは^^
あなたの魂の旅に添乗するライフエスコートカメラマン
さとうみゆきです。

 

神前結婚式の撮影で押さえておきたいポイント その1

 

神前結婚式の撮影で押さえておきたいポイント その2(…

 

さて、これまでシリーズ2回に渡ってお届けして参りました、
「神前結婚式の撮影で押さえておきたいポイント」ですが、
今回は最終回の3回目。

 

 

主に、神前結婚式での撮影シーンのポイント
写真データ処理(レタッチ)のコツについて
お話したいと思います。

 

 

第1回目の時にもお伝えしましたが、
神前結婚式と言うのは、(式場にもよりますが)
「撮影可能なシーン」と言うのがだいたい決まっています。

 

 

大まかに言いますと、
御式の中で絶対に押さえておきたいのは、

新郎新婦の入場からはじまり、

三々九度⇒指輪交換⇒誓詞⇒玉串奉奠(たまぐしほうてん)

4シーンです。

例えば、ピックアップすると、こんな感じになります。

先ずは外でお清めをします。
広い境内の神社の場合、
入場までにかなりの距離を歩くこともありますので、
進行方向に予めカメラマンは控えて
同じ方向からのアングルにならないように
気を付けながら、撮影をしましょう。

(手水)

(足もとも撮影しておきましょう)


(お清め)


(お清め)

(ここでいったん整列)

新郎は右扉から新婦は左扉から入ります

 

 

両者入場後、着席。御式開始。


修祓(しゅばつ)祝詞(のりと)の際は
撮影禁止。

 

(三々九度が始まります)

 

 

 

(新婦三々九度)

(新郎三々九度)

(指輪交換)

 

(誓詞)

 

(この日は、非常に寒かったので、
式が始まる前に、別室で新郎が先に
誓詞に名前を記入をし終えておりました。
もちろんこのシーンも撮影。)

 

この際、同時に、
新婦さん手作りのリングピロウも撮影。

 

 

(玉串奉奠(たまぐしほうてん)

 

その後、親族が同様に玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。

 

乾杯後、閉式のあいさつ・・

 

とまあ、神前結婚式とは、
だいたいが、このような流れです。

 

 

式中の写真に関しては、
会場が薄暗い場合が多いので、
必ず明るめの望遠レンズ(2.8Fぐらい)をご用意ください。
あ、もちろんストロボも必須です!

 

そして、色味ですが、
今回の会場の場合は、ライトが黄色よりでしたので、
ホワイトバランスでもともと青寄りにバランスはしていましたが、
レタッチの段階では、
さらに薄暗い「黄色」を抜く作業を行いました。

 

これは、どう言うことか?と申しますと、

 

(もともと、少し青寄りにホワイトバランスして撮影しておいた写真)

 

こちらを、レタッチの段階で、

 

 

このように、しています。

 

白無垢の「白」が、よりピュアな「白」に見えるようになったのが
お分かりでしょうか?

 

そして、必要ならば再度、「青」を
影の状態を観つつ、適宜地道に重ねてゆくと、

花嫁の白無垢と新婦の紋付き袴の黒が
同時に立ちあがってきます。
(ここは、職人的で感覚的な作業ですので、
言語化が難しいです^^;)

 

 

「白」と「黒」と言う色は
普段から、調整が最も難しいと言われている2色。


結婚式と言うのは、
この「2色」が同時に存在してるわけでして、
なんとも、いやはや、カメラマン泣かせ^^;
結婚式写真は、撮影の「最難関」と言われているのも
なるほど、うなづけます。

 

 

さらに、花嫁さんの口紅の赤と
神社の建物の赤を引き立たせる処理をしました。

 

(この辺りも、レタッチソフトの使い方になってゆくため、
この場では、割愛します。
編集に関してのワークショップは現段階では行っておりませんが、
必要な方には、個別でメニューを組みます。
お気軽にお問合せください。

 

 

式が終わると、限られた時間内での
お庭や境内での撮影が始まります。

 

 

はっきり言って、
ロケーション決めで悩んでいる時間はありません!!!(笑)
ここは、日頃からの鍛錬がもろに出ます!
時間との勝負です!!

 

 

前もってロケハンしておけるのがベストですが、
わたしは、前回のブログにも書きましたが、
式場のスタッフさんにずいぶんと助けて頂きました。

 

 

 

今回の新婦さんは、ハンドメイドがお得意で
フラワーボールや
可愛いネームワードタグをたくさん自前で、
作ってきてくださっていました。

 

 

鮮やかな境内の背景と、
美しいフラワーボールを生かしての
即興でのスタイリング撮影となりました。

 

 

このお写真も含め、
全ての写真が彩度は普段の写真より若干高め。
赤、青、場合によっては緑を際立たせる処理をしています。

 

お子さんがご一緒の写真は、
何せシャッターチャンスが難しいです^^;
(七五三撮影をされる方は経験済でしょう?)

 

お子さんとの事前のコミュニケーションが物を言います。
(これに関しては、ばっちりで臨みました!)

 

カメラマンは「エンタテイナー」ぐらいの心構えで
子供の注意をひきつけながら
短時間に何度でもシャッターを切ってゆきます。
(わたしももはやカメラマンではなく、”変なお姉さん状態”でした。)

 

 

 

後ろ姿もお忘れなく^^

 

 

 

「みゆさんの好きに撮って!」
との新郎からのご依頼だったので、
新婦さんの作ってきたフラワーボールを
投げっこしてもらいました。(無茶ぶり♪^^)

 

 

 

キャッチの瞬間も^^

 

 

 

 

手の表情も大事です。

 

 

 

花嫁さんが主役の結婚式ではありますが、
ふとした新郎の表情も逃さずにいてあげてくださいね。^^
(幸せでとろけそうな笑顔でしょう?^^わたしもほっこり♪)

 

 

 

そして、やっぱり、花嫁さんは、
制限時間いっぱいいっぱい撮影してあげてください。
鮮やかな色味の境内の色を背景にすると、
白無垢を引き立ててくれますよ^^

 

横顔も素敵です。

 

 

 

白を「白く」仕上げたくて、
ポートレイト撮影が初心者の方にありがちなのですが、
露出をレタッチで大幅に上げてしまう方が、
見ていると時々、いらっしゃいます。
普段の撮影でしたら、それでも
どうにか成立したりもするのですが、
花嫁さんの場合、
お化粧も特殊ですので、お顔の色が白飛びして血色が悪くなりがちに・・・。

 

専門ソフトで、細かい部分、部分での
「イメージ調整」と「彩度」の処理が必要となる作業ですが、
ここ、絶対に手を抜かずに、
一枚、一枚、確実に踏ん張りましょう!!

 

 

(こんな写真もありですよ!)

 

そしてね・・・
出来れば・・・ですけど、
式が終わった後の、新郎新婦も撮影してあげて欲しいのです。

 

 

うん。本当に、幸せそうでした!^^

 

 

結婚式と言う非日常から日常へ還って来たお二人が
特別な空間に居た時よりも
何倍も幸せそうに見えた時・・・

 

式では(当たり前ですが余裕もないし)涙は出ませんでしたが、
この時はね、さすがに、胸が熱くなりました。

 

 

そして、密かに思ったの・・・

 

 

わたしが、撮りたい世界は、
きっと「晴れの日」ばかりじゃない。
「ケの日」あってこその、「晴れ」。

「こちら」側なんだろうなあ・・と^^

 

 

 

 

式の後、ご家族で、新郎様が子供のころによく遊んでいた・・
と言う公園に出かけました。

 

(もちろん、わたくし、そこにもしっかり同行しています^^)

 

 

後姿を見ていたら・・・

 

 

なんだか、ほろっと泣けました。

 

 

この場に在れたことへの感謝と、
普遍的な何か、
この世に生まれ、出逢い、
脈々と受け継がれてゆく、
男女の縁(えにし)の変わらない美しさ、尊さを
魅せてもらえた気がして・・・。

 

 

お式のことはもちろんですが、
わたしは、
家族でこの日見た、
「夕日の色」を、どうか一生忘れないでね^^と、
祈りながら、願うようにして、
シャッターのボタンを押させていただきました。

 

 

 

3回に渡ってお届けしました
神前結婚式シリーズ・・・
いかがでしたでしょうか?^^

 

 

説明箇所によっては、
カメラマンでなければ、
ピンと来ない内容もあったかと思われますが、
カメラマンにこれから結婚式を依頼する方、
これから結婚式の撮影依頼を受けるカメラマンさんとの
撮影時間が、
少しでも有意義で心地よい時間となりましたら幸いです。

 

 

 

もし、神前結婚式撮影で、
分からないことなどありましたら、
メールフォームから遠慮なくご連絡を頂ければ
お答えします^^

 

 

最後に、記事を書くに当たり、

結婚式のお写真を惜しみなく提供してくださった
大和家の皆様に、
心から感謝を申し上げます。
撮影の間も、ご自身の結婚式であるにも
関わらず、わたしのことを
本当に大切に丁寧に扱ってくださった
お二人のこと、忘れません。
沢山の学びを、ありがとうございました。

 

そして、

末永く、どうか、お幸せに。。。。^^

 

 

 

 

 

 

ブログの感想や、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

 

 

☆そろそろお写真も春色に模様替えの時期ではないですか?^^
さあ、新しい扉を拓いてみよう!

お申込みをした瞬間から
あなたの人生がコトリと静かに動き出す・・・

 

Life Escortフォトセッション…撮影所要時間 2時間 料金 20,000円

(ご希望の方には、「開運メイク」(+5000円+交通費)をご紹介しております。お気軽にお問合せください。)

撮影当日は、あなたが人生の主人公。
あなたが一番あなたらしく在れるお好みの場所(都内近郊)で撮影します。
他の誰でもない、”あなた自身”にスポットライトを当てることで
自分を「もてなし」、大切に「扱う」時間を過ごしませんか?
そして、写しだされたありのままの今の自分、
あなたの魂の旅の「現在地」を正直に受け止め、内観してゆきましょう。
カメラマンであるわたしが、あなたの「魂の旅」にしっかりと添乗・エスコートします。

撮影中は、あなたの軸の調えと、エネルギー調整を同時にしてゆきます。
こちらのメニューは、お仕事等、ブランデイングを目的とした”プロフィール写真撮影”ではありません。
(ただし、撮影した写真を、SNS等のプロフィール写真としてお使い頂くことは自由です。)

 

事前にメール、ご希望の方はスカイプで、撮影場所等打ち合わせも含めたカウンセリングを行います。

お渡しする写真データは専用ソフトにてきれいに調えた後、
20枚、クラウド(Dropbox)にてファイル共有でのお渡しとなります。(納品まで2週間ほどお時間頂いてます)
お申し込みはこちらからどうぞ。。。

 

[ 神前結婚式の撮影で押さえておきたいポイント その3(レタッチ... ]Life Escortフォトセッション,徒然,氣づき, , , , 2018/03/01 17:16

明日、魂の仲間と出逢えるポートレート写真をあなたへ・・
写真を「教えること」、「撮ること」を通して、 あなたの魂の個性を可視化することで、
本望で生きる未来を拓き、豊かさを社会に循環できる人財を育む