花瓶に差したブーケを、可愛くきれいに撮る方法

 

こんにちは^^

あなたの魂の個性と未来を拓くビジョンを写真で可視化する
フォトヴィジョナリスト佐藤みゆきです。

********************

 

今月はお誕生月だったことも重なって
撮影で購入するお花の他に、
プレゼントで頂いたりして、
部屋の中に、常に「お花」が在る気がしています^^(嬉)

 

寒くなって来たせいもありますが、
「生花」が持っている
「生命力」や心を温めてくれる力を感じます。

 

お花って良いものですね~^^
枯れてしまうのを観ているのは
ちょっぴり寂しいですが、
そんな時は、そう!
写真に撮ってあげましょう^^

 

わたしはよく、
お花をプレゼントしてくださった方への
「感謝」のお気持ちとして、
撮った写真をプレゼントしたりしています^^

 

では今日は、
室内で「花瓶」に差したお花を可愛くきれいに撮る
ポイントをお伝えしますね^^

 

先ずは、こちらの写真をご覧ください^^

 

 

少し離れたところから、
お花とガラスの花瓶全体を撮影したものです。

 

これはこれで、十分きれいに撮れているのですが、
透明なガラス瓶に活けたお花の場合、
気になるのは、
水の中に浸かっている「茎」の「緑」の部分です。

 

お花の枝葉の「グリーン」って、
写真にしてみると、
思っている以上に主張しますし、
見た目には、「重たく」感じられるものなのです。

 

 

そこで、思い切って、
「寄って迫って」撮影してみましょう^^

 

そう、こんな風に・・・

 

水中の「枝」、「茎」の部分は
カメラを斜め上から構えると
必ず「死角」になって
観えなくなる場所があります。

その位置まで、
お花とカメラを移動させてみてくださいね。

上の写真だと、
まだ水の中の「緑」が見えてしまっています。

カメラを構える位置が
まだまだ低いのです^-^

花瓶のお花は「斜め上」から^^

 

そうすると、
一枚の写真が、明るく、
花びらのの可愛い色味が引き立ちますよ♪

 

お花の撮影は、
写真に写り込む
「緑」の配分量がポイントです。^^

 

 

ぜひ試してみてくださいね^^

 

 

レッスンのお問合せや撮影のご依頼は、
下記のメールフォームより
お気軽にお声がけくださいね^^

********************

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

 

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^