命の灯が消えるその瞬間まで 自分はこの社会に何が提供出来るのだろう? と考え続けられる人を増やすこと

 

こんにちは^^

あなたの魂の個性と未来を拓くビジョンを写真で可視化する
フォトヴィジョナリスト佐藤みゆきです。

**********************

昨日はHさんの
【心眼レンズ発掘フォトレッスン】の最終日でした。

 

最終日はいつも屋外レッスンなのですが、
今回は、
台風24号の影響でどうなってるかな~?と、
気がかりだった「コスモス」を撮影に
昭和記念公園へ。^^

 

 

8月からレッスンをスタートされたHさんですが、
レッスン後に毎回お出ししている
課題へのコミット力が本当に素晴らしくて感動ものでした!

 

(Hさんが、初回のレッスンを受けられる前に撮影し、送ってくださった写真。)

 

(そしてこちらが、つい最近、「秋の気配」と言うテーマで
提出して頂いた写真です。主題と込められたメッセージが
くっきりと立って来ました。)

 

それは、わたしが非言語領域でお伝えしている内容も、
全て察知し、吸収された上で
課題を提出されているな・・と、
写真を見ただけではっきりと分かるほどでした。

(2回目のスタイリングレッスンの後の課題提出写真。
右の方はあくまで参考までにと、わたしがレタッチの添削を入れたものです。)

 

(同上。左がHさん撮影。右がレタッチ後の写真です。
コンセプトをしっかりと立ててから、撮影されています。
フレーム内の整理のスキルが格段にあがっています。)

 

レッスン開始のほんの数か月前に
一眼レフを手に入れたばかりとは
思えないくらい、
この3か月で写真が上達されたHさんに、

「もう簡単な商品撮りなら、行けますよ!
何か機会があれば、ぜひやってみてはどうですか?」

 

と提案すると、
「実は・・・」と、
お母様のお友達の和小物作家さんの
作品を撮ってみようかと思っています・・^^とのこと。

 

心の中で、
「やっぱりね~^^」と、
思わず、つぶやいてしまいました^^

 

そして、
「ぜひ、それ!やってみてください!」
と、わたしも、力強くプッシュしました。

 

あ・・でもね・・ここで誤解して欲しくないのですが・・

 

わたし、
「カメラを生業」に出来る人を増やしたいと思って
フォトレッスンをしているわけではないんです。

わたしのレッスンは、
あくまでも「きっかけ」で良いので、
命の灯が消えるその瞬間まで
自分はこの社会に・世界に、
何が提供出来るのだろう?
と考え続けられる人が増えたらいいなあ・・って
そこを「軸」にしてレッスンしています。

それが、まあ、「写真」になるならそれでいいし、
他のことだって、もちろん、良いと思うのです。

 

「何かを学びとして受け取った」
そして、それを携えて、
「自分でも何か社会に提供出来るんだ!」

この感覚が一度でも身に付いたら、
きっとどんなことも、

「受け取りました」「学びました」、
はい、「終わり」「良かった~」・・ではなく、
「社会に循環する歓び」へと
マインドのベクトルが向かうと思うのです。
だって、わたしもそうだったから。

Hさんが今日、

 

「子育ても一段落しちゃって、
自分にはこれから何が出来るか、
時間をどう使うか・・など、
分からくなっていた時に、
みゆきさんに、写真に、
出逢えて本当によかった。
今のこのタイミングだから、良かった!」

 

そう仰っていたけれど、
この
「自分の中に差し出せるものは何だってある!」の
感覚さえ、一度腹落ちしていれば、
今、巷でよく耳にする、
「この先なくなるかも知れない職業」
なんて言葉に怯えなくなると思うのです。

 

お金を得ること自体が歓びなのではなくて、
差し出せるものがある・・そしてそれが誰かに、
必要とされ、感謝される・・
この感覚が歓びになってゆく人が
もっと、もっと、
増えたらいいなあ・・と思う。

 

だって、いつの世も、
人がそこに暮らしている限り、
時代がどれだけ変わっても
必要な仕事は次から次へと生まれるし、
差し出せることだって、山ほどあると思うから。
(つまり、そこに自然と収入はついてくるし。)

 

 

わたしも、わたしの写真がある日求められなくなっても
怖くない・・と言ったら、
少し語弊があるけれど、
平気だと思う^^

 

だって、社会と関わり続けたいと思ったその時、
「必要なこと」を差し出せば良いし、
その見極めの方法自体を、
今のわたしは、知っているから。

 

仕事を生み出せる力、
社会・人から必要とされることを
リサーチするスキル、
そのものを体得すること
これからの時代、
一番求められるようになるのだと思う^^

 

そして、わたしが働く、
ライフエスコートと言う会社は、
まさに、未来の働き方に対応できる、
女性や男性を増やすべく、
日々そのスキルを体得できるよう
実践で学ぶ場を提供している会社なのです^^

 

 

さて、Hさんの最後の課題の提出写真が
今、とてもとても楽しみです^^

 

 

そして、Hさんからは撮影のご依頼も頂きました^^
(そして、穴場の撮影スポットも聞いてしまいました!)
これから先は、豊かな未来を描くお仲間として、
どうぞ、よろしくお願い致します。<(_ _)>

 

**********************

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

 

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

 

[ 命の灯が消えるその瞬間まで 自分はこの社会に何が提供出来るの... ]心眼レンズ発掘フォトレッスン2018/10/15 11:10