継続フォトレッスン2回目は光の読み方と物の意識に繋がる方法

 

こんにちは^^

 

「明日、魂の仲間と出逢えるポートレート写真」をあなたへ・・・」

あなたの魂の個性と未来を拓くビジョンを写真で可視化する
フォトヴィジョナリスト佐藤みゆきです。

 

**********************

きょうは、Hさんの3回継続フォトレッスンの
シリーズ第2回目でした。

 

本日のテーマは、「スタイリングフォト」です。

先月の初回のレッスンの後、
撮影がこれまで以上に楽しく、
自分自身をクリエイテイブに表現する手段となった
Hさんからは以下のような感想を頂いておりました。

おかげさまで、みゆきさんのレッスンを受けてから、
今まで理解できてなかったシャッタースピード、
F値の関係性がクリアになりマニュアルモードの
素晴らしさを実感しております。
あと、
ISOはフイルムを入れるのと同じぐらい大切なのこと!
フイルム世代の私にとっては、ものすご〜く分かり易い例えでしたよ。

 

提出して頂いた課題のお写真からは、
Hさんが「何を伝えたいのか」の意図が、
きゅっと凝縮されて発信されていて、
実に気持ちが良いのです^^

 

「こちらにレッスンに来させて頂いてから、
写真以外の人とのご縁や日々のことも
いろいろなことが良い方に変わって来ました!」

 

そう嬉しそうにレッスンを受け取ってくださるHさん^^

なので、わたしも嬉しくて、
ついつい
「あ、これも受け取ってほしい^^」
「あ!これも伝えておきたい!」
と、張り切ってしまいました。

Hさん、情報過多になってないかな~^^;

 

 

きょうの最初のレッスンは、「光を読む」。

と言うことで、デッサンからスタート。

 

「デッサン」と言っても、
美大の講義でするような、
上手に描く・・・ことを目的としたものではなく、
ある作業を数十分していただくだけで、
簡単に「光を読む」視点を、
無意識の中に組み入れてもらう・・・と言うもの。^^

 

よくプロカメラマンの方たちが

「光を読んで・・・」

なんて言ってるけど、
自分にはよく分からない・・・

と言う方も、そんなに気負わなくていいですよ^^
だって、光って、本当に可視化して読むだけだから。(笑)

 

 

その方法を、あっという間にお伝えしています。
そして、「読んだ」後の生かし方もその場で学べますよ♪^^

 

 

「物を撮る」時と言うのは、
自分が「こう撮りたい」と言うデザインを具現化するのは
言うまでもありませんが、
「物」から発せられている
「こう撮ってほしい」と言う声を聴くことも
大事なプロセスです。

 

「物の声」を聴くとは?
その時の体感覚はどんな風なのか?

 

自分軸をゆっくりと人基軸に移してゆく方法も
今日はお伝えしました^^

 

何事も、「超実践型」、「超体感型」レッスンなので、
頭で知識を詰め込むよりも、
何倍も「撮りたい」写真が早く撮れるようになってしまいます^^

 

次回の最終回レッスンでは、
「世界と自分との信頼関係を創るワーク」からスタートしますよ^^

 

ん?それって写真と関係あるの?
と思われますか?

 

と言うか、ここがないと、
写真だけでなく、
何をしていても心が満たされないですからね^^

お楽しみに~^^

 

**********************

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

 

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

 

 

 

[ 継続フォトレッスン2回目は光の読み方と物の意識に繋がる方法 ]お客様の声,心眼レンズ発掘フォトレッスン, , , 2018/09/15 17:30