どうして「フルサイズのミラーレス一眼レフ」にそんなに萌えてるの?

(Polaroid sx-70 Alpha1)

 

こんにちは^^

 

「明日、魂の仲間と出逢えるポートレート写真」をあなたへ・・・」

あなたの魂の個性と未来を拓くビジョンを写真で可視化する
フォトヴィジョナリスト佐藤みゆきです。

 

**********************

 

昨日の記事では、

来月、NIKONから「フルサイズのミラーレス一眼」が出るらしい・・
と言う情報を元に、

https://www.nikon.co.jp/news/2018/0725_mirrorless_01.htm

 

「フルサイズのカメラ」ってどう言うものですか?

 

と言うよくある質問に、
なるべく正確にお答えすべく、
先ずは、

「画角」と「焦点距離」と言う2つのキーワードを
知っておくといいですよ~^^

と言うお話をしました。

 

「焦点距離とか画角とか言われても、わかんな~い!」な…

 

ちなみに、あなたの一眼レフに今ついているレンズは、

 

「猫ちゃんレンズ」でしたか?

 

それとも、

 

「おっさんレンズ」でしたか?(笑)

 

では今日はいよいよ、
質問の本丸へ・・・

 

「フルサイズカメラ」って一体なに?

 

に答えてゆきますね^^

 

 

そもそも、どうしてわたしを始め、
写真愛好家、カメラマンの皆さんが、

 

「フルサイズのミラーレス一眼」の出現に、
こんなにも萌えているのか?

 

 

と言いますと、

 

これまでの「ミラーレス一眼レフカメラ」が、
「フルサイズカメラ」ではないものが殆どだったからです。

 

 

となると、「フルサイズカメラ」じゃない方の
カメラのことは何て呼ぶの?と知りたくなりますよね?

 

 

その子の名前は

 

APS-C(エイピーエスシー)くん。

 

と言います。

 

 

「フルサイズ」くんと、「APS-C」くん。

 

 

実は、近年の両者の写真のクオリテイに関しては、
正直、さほど差はありません。

 

 

だから、「フルサイズカメラ」にしたから、
良い写真が撮れるようになる・・ってことは、ないのです。
(APS-Cくんをお使いの方、ご安心を^^)

 

 

 

では、何が一番違うのか?と言うと、
昨日のレンズの
「焦点距離」と「画角」のお話に戻ります。

 

 

巷に出回っている「一眼レフ用のレンズ」と言うのは、
その多くが
「フルサイズカメラ」に装着することを
前提として造られているってご存知でしたか?

 

 

どう言うことか?と言いますと、

 

 

「フルサイズカメラくん」に「猫ちゃんレンズ」をつけた時の写真が↑こちらだとすると・・・

 

「APS-Cカメラくん」に
まったく同じ「猫ちゃんレンズ」をつけて撮影した場合
どうなるか・・・と言うと、

 

 

こうなります!!

 

↓  ↓  ↓

 

 

ん?あれ?あれあれ?

 

下の「ハート」が切れてるの、分かりますか?
耳も・・てっぺんが切れちゃってる!!!

 

 

同じレンズで撮ったのに!
カメラが違うだけで、
さっきまで写っていたものが
切れちゃってる!

 

 

そうなんです。

 

これが、
「フルサイズカメラくん」と「APS-Cカメラくん」の違いなのです。

 

「フルサイズカメラくん」と一緒に居た時には
「猫ちゃんレンズ」だったレンズが、
「APS-Cカメラくん」と一緒になったら
若干「おっさんレンズ」よりのレンズに変身してしまう・・・

 

 

こう覚えてもらっても構いません。^^;

 

 

ましてや、もともとの「おっさんレンズ」を
「APS-Cカメラくん」に装着した時には
どうなるでしょうか?

 

「おっさん」のネクタイと背広の襟しか、
カメラに映らなくなるかも知れませんよね?^^;

 

 

 

昨日の記事でご紹介した、

50㎜レンズは、
「人間の目が見ているままに近い距離感で写せる”標準レンズ”」
などと呼ばれていますが、
これは、「フルサイズカメラくん」での撮影があくまで基準。

 

「APS-Cカメラくん」をお使いの方は、
見えている世界が若干「おっさんレンズ」より・・
と、理解しておくとよいと思います。

 

 

そして、APS-Cカメラから、
フルサイズのカメラにいつか買い替えた時、
同じレンズなのに、
急に広い範囲がファインダの中に見えるようになるので、
あ、「おっさん効果」が
ほんの少し、「猫ちゃん寄り」になったんだね・・
と、思っておくと安心です。^^

 

(わたしも、APS-CサイズのNikon D90から、
フルサイズのD750に買い変えた時、
それまで感覚がなかなかつかめず苦手だった
50㎜レンズが急にしっくり馴染んで驚いたことがありました!)

 

 

つまり、重たい、重たい、フルサイズの一眼レフを使っている人が、
軽くて機動性のあるフルサイズのミラーレス一眼レフを待ち焦がれる一番の理由は、

 

 

既に慣れている「画角と焦点距離」の感覚はそのままに
持っている既存のレンズも使えて、
なおかつ、軽いカメラで撮影出来る・・・

 

と言うことなのです^^

 

 

自分のカメラが「APS-C」なのか、
「フルサイズカメラ」なのかが
そもそも分からない・・・と言う方は、
メッセージくださいね^^

 

わたしから、お返事します。^^

 

 

 

 

**********************

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

『カメラのないフォトレッスン』

開催日時:8月6日

開始時間:13時30分

開催場所:自宅サロン~蓮の果実~

費用:3800円(東京初開催価格、お茶代含む)

定員:4名様(残席3名様)

持ち物:筆記用具、スマホ:写真2枚(←お申し込みの方に詳細は伝えます。)

 

ご参加希望の方は、
以下のメールフォームより
お申し込みくださいませ^^

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

 

[ どうして「フルサイズのミラーレス一眼レフ」にそんなに萌えてる... ]お写歩フォトレッスン,カメラのこと,デジタル一眼レフの撮影,写真, , , , , , 2018/08/01 10:44