客観視が出来ているってどう言うこと?

 

こんにちは^^

あなたの魂の個性と未来を拓くビジョンを写真で可視化する
フォトヴィジョナリスト佐藤みゆきです。

**********************

 

昨日は、予定が上手い具合に空いたので、
11月に行く予定にしていたロケハンに
前倒しで行ってきました。

 

「ぜひ、ここで撮影したいです!」

 

と、クライアント様から
提案された場所があるのですが、
わたしがその場を
あまりにも、知らなさすぎたので・・・^^;

 

 

クライアント様からは、

 

「みゆきさんも、絶対に気に入ると思う!」
「みゆきさんに、合うと思います!」
「かなりの穴場です!」

 

と、力強く奨められてはいました。

 

ぶっつけ本番でも大丈夫かな?とも
思いましたが、前もって、

「場のエネルギー」と仲良くなっておくことは
とても大事です^^

 

「面通し」が出来ていれば、
その土地の風や光、樹木、水、が
ここぞ・・と言う時に、
必ず味方になってくれますからね。^^

実際、いつも
「場のエネルギー」たちに
一杯サポートしてもらって写真を撮っています。^^

 

 

で、いざ、その場所に行ってみて、びっくり!!!!

 

だって・・

 

なんかもう・・

 

「ここは自分の庭なの?」と思うくらい、
心が落ち着き、動きやすかったから!

 

 

しかも、どこにモデルさんを立たせても、
絵的にも美しい・・・・。

 

 

 

これだけのロケーションが揃っているのに、
何故だか、ガラ空き!(笑)
わたし、オープンから行きましたけど、
その間、2時間で逢った人たったの5人ですもん^^;

 

その場で「年間パスポート」
しっかり購入しちゃいました。

 

 

この場所を提案してくださった、
クライアント様の「客観視」の能力にも、
感謝でいっぱいです。<(_ _)>
本当にありがとうございました。

 

 

自分についてにしろ、
物事の状況についてにしろ、
何にしても、

 

「客観視」することって、
いつもながら、とても難しいことだなあ・・と思います。

 

そもそも「客観視」が出来てるって
どう言うことなんだろう?って思いますよね?^^;

 

辞書をひくと、
こんな風に書いてありました。

 

客観視:
当事者ではなく、第三者の立場から観察し、考えること。また、その考え。

 

 

では、「客観視」が出来ているかどうか
どうしたら確かめることが出来るのか?と言うと・・・

 

答えは案外シンプルです。

 

「自分が相手に差し出したもの」、
または、「差し出そうと思っているもの」と

「相手が望んでいるもの」が一致しているか?

 

 

それだけです。^^

 

以前、わたしは、
「客観視」する・・・と言うことを
こんな分析のことだと考えていました。

 

「自分には何が出来て、何が出来ないのか」
「自分は何が得意で、何が不得意なのか」
「自分は何が提供出来て、何が出来ないのか」
「自分は・・・」

 

そう・・・論理的ぶってはいるけれど・・
ぜーんぶ、ベクトルが
「自分向き」。

 

 

「客観視」している・・
と言いながら、
これ、自己防衛と、
相手に対して

自分の「主観」を
押しつけてるだけ、なんですね^^;

 

 

そこには、

 

自分が「失敗したくない」。
相手に「嫌われたくない」。
自分が「めんどうなことには巻き込まれたくない」。

 

と言う気持ちばかりが先に立って、
成長しよう!とか、慮ろうとする意識や、
肝心の、「相手の立場・気持ち」がすっこーーーん!と
抜けていたと言うわけです。(イテテテ・・・)

 

そして、このマインドでビジネスをすると、
面白いくらい、
お金に嫌われます。^^;

 

 

 

「客観視」って、「相手」があって初めて成り立つもの。
出来ているのかどうか、「実感」出来るもの。
「自己完結」は、そもそも、ありえないことなのです。^^;
(それを”主観”と広辞苑では呼んでいます。)

 

 

 

話は少しそれますが、
昔、大好きで通っていたカレー屋さんがありました。

おじいちゃんの代から続く老舗店。

残念ながら、マスターがご病気になり
今はもう閉店してしまったのですが、
そこのマスターにある時、

 

「ここのカレーは、いつ来ても、ほんと変わらない味ですよね~!」

 

と言ったことがありました。

 

すると、マスターは、

 

「と、思うでしょう?
実は、その日の天気や季節によって、
毎日、微妙に味付けを変えてるんですよ!」

 

と威勢よく答えてくれました。

 

「変わらない」を続けるために、
粛々と、見えないところで「変わり続ける」。

 

「変わらない」を求めてくるお客様に、
熟練の「客観視」スキルで、
まさに、誤差なくぴったりな
「変わらない」を差し出そうとする、心意気。

 

 

「この変わらない味がオレの味だから!」
「これがオレの絶対のレシピだから!」

 

と、自己完結し、
毎日同じレシピのカレーを提供していたら、
このお店はこんなにも長くは続かなかったことでしょう。

 

 

ふとした自分の行動に、
日々日々、
自分のまだまだな「客観視」スキルを
見せつけられて落ち込むことも多々あるけれど、
落ち込むことは、「のびしろ」と前向きにとらえて、

 

「変わらない」を続けるために、
粛々と、見えないところで「変わり続ける」。

 

この一見すると矛盾して見える在り方を、
これからも、日進月歩で、
積み重ねてゆけたら・・
そこへの挑戦を
「歓び」と感じる自分で一生在れたら・・
と、そう思っています。

 

 

 

◇11月13日火曜日、
DELIGHTプレゼンツでお話会をします^^
ご参加お待ちしています^^(残席わずかです^^)
https://miyukisato.photo/lotusfruits/6779.html

 

********************

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

 

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

 

 

[ 客観視が出来ているってどう言うこと? ]徒然,氣づき, , 2018/10/25 12:36