新しい屋号発表までの不思議な導き…

12391939_984639424940590_6922142592900036091_n

きのう発表した新しい屋号名、
「*こころと写真のアトリエ*雲の天使」ですが、
沢山の方にお祝いをいただき、嬉しかったです^^
どうもありがとうございました。

3月7日にfacebook上で「屋号名、変えるかも」とつぶやくに至るまでには
不思議な導きが何度も何度も繰り返し、
わたしの背中を押していてくれたことに、今更ながら驚いています。
先ずは3月2日。
この日はお友達のさとうのりこちゃん(のりちゃん)のご自宅に、
小川彰子ちゃん(アキちゃん)とひな祭りパーテイーに招かれ、
その最中、アキちゃんがエンジェルカードで
リーデイングをしてくれたのですが、
こんなことを言われていたのでした・・。

aki

「みゆちゃんは、ヒカリの人。
ヒカリやメッセージがすごく沢山来ているのに、
敢えて?そのつながりを切ったんだね~・・・」

えーーー!
敢えてってなに?
なにやってるのさ、わたし!
わたしのバカヤローーー!!

と思いながらも、
深層心理では、実は思い当たるフシがありました。

わたしは闇を視なければならない・・・

ちょうど6年ほど前になりますが、
頑なに、そう決めることになった、
きっかけがあったのでした。

「でもね、もうすぐ、また、つながるから、ダイジョウブ!^^」
「みゆちゃんは、人生はマジカルで素晴らしいものだと言うことを伝える人になるから」

「みゆちゃんは撮りながら、どんな人の闇も光に還せるようになってゆく」

アキちゃんのリーデイングはこのような希望に満ち溢れたものでした。
(ただ、3月2日の時点では、わたしの心はまだまだ薄曇りの空の下・・
と言ったどっちつかずの状態でした^^;)

今思うと、屋号に「天使」と言う言葉が入ってることに
引け目を感じていたわたしの心の内側のことを、
アキちゃんは「ヒカリを敢えて切った」と表現したのかもしれません。^^;

また、先日、3月6日のこと。
久しぶりに再会することになった友人の家で、
友人の娘ちゃんであるNちゃんがわたしにくれた、
この折り紙の作品。

 

17155256_1418861191518409_2491231037128725757_n

真ん中に、緑色のハートが描かれています。

で、これ、どこかで見たような・・・
と、思ったら、2月27日に、
自宅サロンで開催したオルゴナイトワークショップで貰った
りりちゃんのミニオルゴナイトじゃないの?!

 

IMG_2925

さらに、このNちゃんから貰ったプレゼントからの気づきを
facebookに記事にしたところ、
カメラマン仲間のかのちゃんから、
「うちの子、いま、こころのアトリエって言うところに通ってるよ」
とコメントが入ったのでした。
正直・・・びっくり。
「こころのアトリエ」は新しい屋号名の一部だったからです。

 

そして、ハートの出現はまだまだ続きます。

 

IMG_2895

 

こちら。

自家製のピクルスをつけようと、胡椒を振り入れて、
漬け汁を火にかけてぶくぶくと沸騰させていると・・・
そこには、みるみるうちにハート形が出現。

あまりの驚きに、写真を撮ってしまったほどでした。

 

IMG_2919

昨日も書きましたが、
新しい屋号名は、8年前、もともと使っていたもので、
当時は「*ココロとカラダのアトリエ* 雲の天使」と言いました。
お友達にプレートを創ってもらっていたので、
仕舞っておいた場所から引っ張り出して、
それを久しぶりに見ると、
そこにはやっぱりハートが!!!

「ハートの声を聴いて!」
「思いのままに!」
「こころ・・・その名前でOKだよ!」

もうここまで来ると、
何がしかの見えない領域からのメッセージ、
計らいとしか思えませんでした。

 

kumoheart

このサイトアイコンは、さらに古く、
2003年ごろから使っていたものですが、
ここにもハートが!

そして、昨日、
すっきりとした心持ちでの正式発表となりました。

きっと、この流れで必然だったのだな・・。

いま、静かにそう思っています。

 

[ 新しい屋号発表までの不思議な導き... ]徒然2017/03/13 20:36

明日、魂の仲間と出逢えるポートレート写真をあなたへ・・
写真を「教えること」、「撮ること」を通して、 あなたの魂の個性を可視化することで、
本望で生きる未来を拓き、豊かさを社会に循環できる人財を育む