「本音を伝える」ことと「感情の発散」の違いって何だと思いますか?

 

あなたの魂の個性と未来を拓くビジョンを写真で可視化する
フォトヴィジョナリスト佐藤みゆきです。

 

**********************

あなたは「本音」で
身近な誰かとコミュニケーションが出来ていますか?

 

わたしは、”さほど”、していないと思います。
(あ、ちなみに、これこそが、本音ですね。(笑)
本音を伝える”機会”そのものが、実際、そう多くはないのです。)

 

正確には、普段の日常生活では、
「本音」に一番近いであろう思いを、
なるべく「北」と「真北」くらいの誤差範囲で、
必死になって伝えようと言う「努力」だけはしている・・

 

そんなところでしょうか?
(これも、本音と言えば、本音です。)

 

 

そもそも「本音」って何でしょう?

 

わたしは、数年前まで、
自分の中の「本音」の定義が、
今ひとつ、よく分かっていなかったように思います。

 

でも今は、100%ではありませんが、
「本音」とは何か?が、
かなりの確率で
「あること」との線引きと同時に、
出来るようになりました。

 

 

それが、「本音を伝える」ことと
「感情の発散」との線引きです。

 

 

時々、SNSや心理学系のブログを見ていると、

「今日からいい人辞めます!」

と宣言したな~と思ったら、

 

「本音を話します!」

 

と言って、それまで表現するのを
我慢していた・・・と言う体で前置きをしつつ、

「むかついた!」
「馬鹿じゃないの!」
「ふざけんなー!」

 

と、誰かれ構わず、
ご乱心されている方がいらっしゃいますね?

(実は、わたしも過去に密かにやったことあるんですよね~^^;)

 

これ、今なら分かるんですが、
「本音を伝える」ことではありません。

 

 

これは
「感情の発散」と言います。

 

「感情の発散」の特徴としては、
相手が居なくても、自分ひとりでも出来ます。
そして、その瞬間、
それを見ている人たちの感情がどうあれ、
自分だけは、
ものすごい快楽を得られます。
(そして、これを「セルフラブ=自分を愛すること」だと勘違いしそうにもなります。)

 

では、「本音」とは何か?と言うと、
必ず「相手」がそこには存在します。
そして、「本音」を伝える対象は、
あなたが恐らくは、
他の人よりも、
「大切」だと見なしている相手、でしょう。

 

そして、伝えた後は、自分もですが、
相手のことも傷つける「リスク」を負います。

 

それが、「本音」・・です。

 

 

でも、「本音」の場合は、
伝えた後、
必ず、伝えた相手との関係が、
伝える前よりも「進化・深化」する。
あるいは、
「改善」する場合の方が多いです。
たとえ、
一時的に双方の関係性が揺らぐことがあっても・・です。

 

何故なら、「本音」には、
伝えることで「相手」に嫌な思いをさせるかも知れない・・
でも、この人とならきっと分かり合えるはず・・
と言う、信頼と愛が根底にあるからだと思います。

 

これが出来るのは、
自分で自分の人生に責任を持つ覚悟と
何が起きても、すべて受け止める!と、
腹が据わっている人だけです。

 

 

「本音」を伝える!と決めた時、
それが本当に「本音」なのか、
「感情の発散」なのか?

 

見分けるのは、実は簡単です。

 

それを行動に移した後の
その方との未来を想像した時、
最終的に、「じんわりと静かな温かさ」を感じるか・・
それとも、
何か「虚無感」や、「脱力感」を感じるか・・

 

感覚的ではありますが、
経験上、
かなり、正確な検証方法だと思っています。

 

線引きまでは出来るようになってきた私ですが、
まだまだ「覚悟」が揺らぐ時があります。

 

そう・・

 

「本音」は、やっぱり、怖い。

 

何故なら、相手が大切だから。

 

出来ることなら、
言わずに済むなら、
そうしたい・・・

 

ただ、その「怖さ」を失ってしまったら
いけないとも思います。

この先、どんな時も、
絶対に忘れずに居たい・・・

 

そう、思うのです。

 

 

ーあなたは、「本音」、伝えられていますか?

 

**********************

 

 

きょうも、最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

 

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

 

[ 「本音を伝える」ことと「感情の発散」の違いって何だと思います... ]徒然,氣づき, , 2018/09/24 21:15