桜は”撮り方”よりも”捉え方”*点・線・面・箱・時間軸*でアプローチする

 

こんにちは^^

あなたの魂の旅に添乗するライフエスコートカメラマン

さとうみゆきです。

 

東京は桜が満開ですね!^^

我が家は玄関を一歩出ると、すぐに桜並木が渡っていますので、

毎日がお花見気分のわたしです^^

そして、毎日が撮影日和と言う幸せなここ数日です♪

 

さて、毎年この季節になると、

「桜ってどう撮れば上手く撮れますか?」と言う質問に

答える機会が多くなるのですが・・・

 

正直、どうお答えして良いのか、

最近はさっぱり分からなくなりました。^^;

 

 

今は情報が本当に豊富。

「桜の撮り方」とオンラインで検索すれば、

もう、読み切れないくらいの回答がヒットしますし、

皆さん、大概のこと、既に試されていて、

その上で、

「どうやったら?」って尋ねられるものですから、

わたしも、さて・・・どうしましょうね~^^;

となるわけです。

例えば、

 

ホワイトバランスを

マゼンタ寄りに設定したら、

 

ほんのりピンク色の写りになるよ~・・・とか。

 

 

逆にホワイトバランスを青寄りに設定して撮れば、

 

 

同じ桜でも、青白っぽくなりますよ~、とか、

 

 

 

 

雨上がりには水たまりの写り込みもきれいですよ~、とか、

 

 

地面の花びらも撮ってみるといいですよ~とか、

 

 

基本、絞り(F値)を解放にして(数字を小さくして)、
明るく撮った方が、見栄えは良いですよ~とか、

青空をバックに撮ると、桜はやっぱりきれいですよ~、とか・・・

 

曇り空の日なら、
いっそ背景はなしにするか、ボカすかして、
桜に思いっきり寄って撮影してみましょう~とか・・・

 

 

はい、もう、いろいろな書籍、雑誌、メルマガ、ブログ・・

調べすぎて、聴きすぎて、

逆に、ワケが分からなくなってしまっている方、非常に多いです^^;

 

なので、

 

一旦、それ、全部、脇におきましょうか!?^^;

 

 

 

桜は”撮り方”よりも”捉え方”
*点・線・面・箱・時間軸*でアプローチする

 

 

同じレンズ、同じカメラ、
同じ場所で、同じ被写体を撮影しているのにも関わらず、
何故撮れる写真がこれほどまでに違ってしまうのか・・・

 

これ、フォトレッスンに見える

生徒さんからよくされる質問です。。。

 

 

特に「桜」と言う花は、
それが顕著に出るがゆえに、
皆が「難しい」と感じてしまう花です。

 

巷にあふれている「桜の撮り方」は、

とりあえず既に試してみたんだよ~!言う方は、

その次の段階として、

桜の、
「点・線・面・箱・時間軸」での捉え方を意識してみてください。
(これは、桜に限らず、すべての被写体において言えることです。)

 

■「点・線・面・箱・時間軸」とは何か?   

 

先ず「点」です。

 

桜は小さな花がいくつもの房となって
密集する形で咲いていますよね?

 

先ずはその1つの「花」をしっかりと観ることから始めます。

 

 

沢山の花が集まっていても、
必ず「あ!」と気になる花があるはずですから、
その自分の感覚をしっかり受け取り、見極めましょう。

 

それが出来たら、
視点を徐々に花から房へと広げてゆきます。

 

 

房として桜を見られるようになると、
沢山ある房の中でも、花の時にそうであったように、
「あ!」と気になる房が見つかるはずです。

 

それを何度か習慣化し、繰り返すうちに、
だんだんあなたの「点」を捉える視点が拡大してくることに
気付くと思います。

 

 

「点」が極まると、次に桜は「花」ではなく
「樹木」だったのだ・・・と言う意識にシフトしてゆきます。

 

そう、次の「線」を捉えるステージです。

 

「樹木」には「枝」や「幹」があります。

 

 

「花」だけを撮ろうとする視点(点視点)のままですと、
ついつい桜の「枝」は暗くて邪魔な存在と思いがちになり、
避けたくなりますが、

「線」を捉える視点を身に着けていると、
邪魔どころか、こんな素敵な演出アイテムはない!
っと思えるはずです^^

 

例えば・・・

 

 

こんな感じとか・・・

 

 

こんな感じで、「点と線」で桜を捉えることが出来るようになってゆきます。

 

そして「線」の概念が入っていると、
その縦掘り(延長線上)の概念も
同時に働くようになるので、

 

電線や、

 

 

鉄塔と言った、桜とはまったく異なる、

異質な存在の「線」にも意識が届き、
自然とアレンジが出来るようになる。

 

よく、「ランドマークと桜」を一緒に撮ると
良い写真になりますよ!

 

と、説明をしている方もいらっしゃいますが、
何故、桜と鉄塔、桜とタワー、桜と電線が絵になるのか?

 

そこ、先ずは、「捉え方」が出来てこそです。

 

 

 

「線」の次は「面」です。

 

ここでようやく、
「点と線」で結んだ被写体を
「どこに置けば素敵かな?」と言う意識になってゆきます。

 

つまり、面=背景ですね。

 

この時、
桜と自分の境界線が消えて、
同じ「面」を共有する、
この世の「仲間」になります。

 

 

 

沢山の桜の花をバックにするもよし、

 

 

流れゆく川を背景にしても良いでしょう。
動きがあるものを背景にすることで、
写真に「時間軸」を生むことが出来ます。

 

こちらは、

ピンクの桜の背景に、

わざとグリーンの若葉を添えることで、

次の季節が近いことを知らせる未来の「時間軸」を作っています。

 

 

そして、最後の「箱」の概念。

 

この「箱」には何が入るのか?と言うと、

あなたが写真に込めたかった「想い」であったり、

写真を見てくださる方が抱く「想い」であったりします。

 

 

「点」、「線」、「面」の3つの要素が写真に全て入っている時、

写真と言う空間は、必ず「箱」となって

立ちあがって来る性質を持っています。

 

だから、人は写真を見て、
心が動いたり、感動できる。

 

 

ですが、その箱を立ち上げるスイッチ(方法)と言うのが、

実はないんです!

どんなに優秀な講師でも、

技術でも、教えられないんです!

 

青臭く、安っぽく響くかも知れませんが、

写真を撮る人が、

どれぐらい人生に真剣に向き合っているのか?

人生を楽しんでいるのか?

好奇を持って世界を見つめているのか?

どれぐらい人を大切にしてきたのか?

人や人生を愛してきたのか?

大切にされてきたのか?

愛されてきたのか?

 

そう言う、目に見えない、

計り知れないことが、

最後は、その写真の「箱」の誕生を

決めているのではないか?と思います。

 

 

未だに自分の未完成の「箱」に

やきもきしたり、時々調子にのったりしながら、

この春も写真を撮っている、わたしです。^^

 

あなたの「箱」も、

いつか、魅せてくださいね^^

 

ブログの感想や、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

 

あなたの「今」に添乗するLife Escortフォトセッション…
撮影所要時間 2時間 料金 20,000円
(こちらのお値段は3月31日までです。4月からは30,000円となります。)

(ご希望の方には、梶原ミカさんによる「開運肌メイク」
(+5000円+交通費)をご紹介しております。お気軽にお問合せください。)

 

 

撮影当日は、あなたが人生の主人公。
あなたが一番あなたらしく在れるお好みの場所(都内近郊)で撮影します。
他の誰でもない、”あなた自身”にスポットライトを当てることで
自分を「もてなし」、大切に「扱う」時間を過ごしませんか?
そして、写しだされたありのままの今の自分、
あなたの魂の旅の「現在地」を正直に受け止め、内観してゆきましょう。
そして、未来のあなたを写してゆきます。
カメラマンであるわたしが、あなたの「魂の旅」にしっかりと添乗します。

撮影中は、あなたの軸の調えと、エネルギー調整を同時にしてゆきます。
こちらのメニューは、ビジネス・宣材等、集客・広告を目的とした撮影ではありません。
(ただし、撮影した写真を、SNS等のプロフィール写真としてお使い頂くことは自由です。)

 

事前にメール、ご希望の方はスカイプで、撮影場所等打ち合わせも含めたカウンセリングを行います。

お渡しする写真データは専用ソフトにてきれいに調えた後、
20枚、クラウド(Dropbox)にてファイル共有でのお渡しとなります。(納品まで2週間ほどお時間頂いてます)
お申し込みはこちらからどうぞ。。。

 

[ 桜は”撮り方”よりも”捉え方”*点・線・面・箱・時間軸*でア... ]お写歩レシピ,写真,季節に想ふ,氣づき2018/03/27 16:14