梅の花を撮る その2

【残り香】

こんにちは^^

あなたの魂の旅に添乗するライフエスコートカメラマン
さとうみゆきです。

 

 

以前に「梅の花を撮る」と言う記事を書きました。

今年は梅の花が長く楽しめているので、
前回記事を書いた後、
何度か撮影に行きましたよ^^

梅の花を撮る~花が教えてくれること~

 

東京の梅は、今が満開!

間もなく桜の便りも聞こえようかと言った具合です。

 

 

きょうは、少し変わった梅の撮り方を
ご紹介したいと思います^^

 

 

【夕暮れに滲む梅】

 

こちらは、マクロレンズで撮影したものを、
後からレタッチでイメージ通りに調えた写真です。

 

「写真」の「いろは」と言うと、
みなさんブレないように必死にピント・フォーカスを合わせて、
撮影している方・・・すごく多いですよね。

 

 

でも、【夕暮れに滲む】と言うテーマ
「写真表現」をすると決めたら
別段、「くっきり」「はっきり」ピントを合わせて撮影する
必要はそもそもあるのかな?って言う思考になってみてください^^

 

 

なんだか急に、
ピントを合わせようとして必死だった
「きっちり、くっきり」な世界から飛び出して、
ふっと意識が緩むのを感じられたでしょうか?^^

 

 

 

 

また、咲いている花ばかりを追っていると、
足もとで起きている、
優しい世界を見過ごしてしまいます^^

 

寄り添うように並んだ、
白梅と紅梅の花びら・・・。^^

 

まるで散ったからこそ、
ようやく出会えた二人みたいに、
ふくふくと、
微笑んでいるようにさえ見える。^^

 

 

 

一枚目の写真【残り香】は、
わたしのイメージの中では、
梅の花を撮りたかったと言うよりは、
辺りにほのかに漂う「梅の花の香り」のうねり、
流れのようなものを
写し込めたらいいなあ・・
と撮影したものです。

 

 

とても感覚的なもので、
撮影者にしか分からない写真表現かもしれませんが、
そのささやかな感覚部分を、
この広い世界のどこかにいるあなたと、
「あーー!!分かる!その感じ!」
と写真を介して手をつなげた時の歓びは、
本当に、感動ひとしおです。^^

 

 

思い切って、夕日に向かって、
(目が眩しくてしょぼしょぼしながら (笑))
撮影したのが上の写真です。
(撮影後、イメージ通りにレタッチを入れています。
夕日ですが、まるで月の明かりのようでしょう?^^)

 

シルエットをドラマチックに撮影したいときは、
逆光!
これほど、魅力的なライテイングは、
世界中探しても、どこにもないでしょう。^^

 

 

さあ!春はもうそこまで来ています^^

 

 

あなただけの春を写真とカメラで
表現するお手伝いを、
わたしにさせてくださいね^^

 

女子に人気のふんわり優しい、
エアリータッチなお写真も、
難しい技術は一切いりません!!^^
たったの1日でマスターできますよ♪

 

 

各種、カメラレッスン、
みっちり、じっくりのマンツーマンから受け付けています^^

 

カメラ操作はもちろんですが、
写真表現
を、じっくり学びたい方^^
カメラの教習所のごとくぴったり寄り添ってサポートします^^

 

 

各種フォトレッスンの
お申し込みはこちらからどうぞ^^

3回コースのレッスンがお得です^^

 

↓  ↓  ↓

Photo Lesson

 


明日、魂の仲間と出逢えるポートレート写真をあなたへ・・
写真を「教えること」、「撮ること」を通して、 あなたの魂の個性を可視化することで、
本望で生きる未来を拓き、豊かさを社会に循環できる人財を育む