「憧れの○○さんの写真」を超える唯一つの方法

 

今年は、春のお花たちの開花ペースが
いつになく早くて、
日々の撮影にワタワタしております~^^;

 

こんにちは^^

あなたの魂の旅に添乗するライフエスコートカメラマン

さとうみゆきです。

 

 

さて、あなたには、

「こんな風に撮れたらいいのにな~」とか、

「こんな写真、どうやったら撮れるんだろう?」

 

って、
日々のfacebookやインスタグラムで
チェックを欠かせなくなっている
そんな憧れの写真家さんはいらっしゃいますか?

 

ちなみにわたしが長年憧れている方たちと言うのは、
皆さんなぜか写真を「生業」にはしていない方たちばかりなのですが、
数名いらっしゃいます。^^

ところで、
この「憧れの○○さんの写真」みたいな写真が撮りたい!
と強く思った時、
あなたは、どうされていますか?

 

ひとつには、

 

その○○さんの写真を観ながら、
色使いや構図などを真似してみる

 

・・と言うのがありますよね。
うん、上達は模倣から・・とも言いますし、
悪くはないです。^^

 

もし、その○○さんが有名な写真家さんで、
本を出している方なら、その方の著書を買ってみる。

 

これも、うん、かなり有効ではありますよね?

 

お教室などを定期的に開催している方であれば、
実際に通ってみる。

 

リアルの講座で教えてもらう!
わたしも、これは経験あります!

 

 

と、具体的な方法が、探せばいろいろとあります。^^

 

 

ですが、そんなあなたに、
きょうは、ちょっと絶望的なお話をひとつ・・・

 

色使いや構図などを真似してみる・・・

本を出している方なら、その方の著書を買ってみる。

お教室などを定期的に開催している方であれば、
実際に通ってみる。

 

 

この3つをどんなにどんなに繰り返しても、
残念ながら、
「憧れの○○さんの写真」みたいな写真は、
撮れないどころか、
一生、超えることは出来ないでしょう・・。^^;

 

 

と、自分で書いておいて、今、若干後悔^^;

 

これじゃ、
フォトレッスンに生徒さんが来なくなっちゃうよ~!^^;

 

 

って、まあ、いいや。
それはさておきです・・・

 

これはわたし自身が実際に経験して学んで来たことなので、
真面目に正直にお話しますね。

 

 

もう、かれこれ、7.8年前のことでしょうか・・・

 

名もないような、
本当にその辺りに普通~に咲いている、
小さなお花や草花を、

「どうしてこの人は、
こんなにも、涙が出るほど優しく撮れるんだろう?」

 

と尊敬していた方がいらっしゃいました。
(実は、この方の本職は画家さんなのですが。)

 

 

わたしは、その方の写真の構図や、色使い、
切り撮り方など、
当時、ものすごく研究したのを覚えています。

 

でも、何を真似してもまるで、ダメ。^^;
(そこそこの技術はついたけれど^^;)

 

 

そこで、今度プライベートでご一緒する機会があったら
絶対に秘密を聴きだしてやろう!って、
意気揚々と思っていました。
(この消費者マインド=奪うマインドこそが
そもそも既にダメダメマインドだったと
今のわたしには分かるのですが・・・。)

 

 

ほどなくして、
そのチャンスがようやく巡ってきました!

 

 

一緒に、ランチをすることになったのです!

 

 

隠れ家のような、緑が深い、
テラス席のある、
パン屋さんが併設されている
まるで森の中にあるようなレストランでした。

 

そのレストランのお庭には、
小さな白いお花が群生していて、
思わず、「うわあ・・・」ってため息がこぼれたほど。

 

ランチが終わると、
わたしは、「待ってました!」とばかりに、
庭に駆けてゆき、
持っていたカメラを取り出して写真を撮り始めました。

 

すると、一歩遅れて、
画家さんも一緒にお庭へとやってきました。

 

 

その時、
やって来た、その方の・・
足元を見て、わたしは一瞬、ん?っと違和感が走り、
動きが止まりました。

 

 

なんと、その方、「裸足」だったんです。

 

 

思わず、「どうしたんですか?」と、
尋ねてしまいました^^:

 

 

すると、画家さんがこう仰ったんです。

 

 

「靴を履いていたら、近くの野草や、
小さな花を、無駄に踏みつけてしまうかも知れないでしょう?」

 

 

って。

 

 

この瞬間のわたしの気持ち・・・・あなたには、想像できますか?^^;

 

 

 

恥ずかしいとか、
悔しいとか、
情けないとか、

 

 

もう、そんなもんじゃなかった。

 

 

「そりゃ~撮れないよね!わたし!あなたのような写真は、
一生かかっても撮れっこないわ!」

 

 

って、圧倒的な説得力の波に呑み込まれて、
その後、何も撮れませんでした。
打ちのめされるって、こう言うことなのだと思いました。

 

 

技術や構図、レンズ、カメラ・・・そう言った、
「やり方」では、超えられない領域があることを・・・
この時、初めてわたしは知ったのでした。

 

 

それ以来、さすがに「裸足」にはなっていませんが、
お花の撮影の時は、
そのお花だけではなく、
その花を取り巻いている環境にも、
心を配るようになりました。
そして、環境によっては、
どんなにそれが魅力的な被写体であっても、
「ここには足を踏み込まない」と言う
マイルールみたいなものが、少しずつ、
出来て行ったように思います。

 

 

 

先日、大手のカメラ会社さんが主宰している
有名な写真家さんのフォトレッスンつきの、
撮影ツアーに参加したと言う方が、
こんなことを話してくれました。

 

「参加者さんの中でね、
高級な機材をたくさん持ってるらしく、
先生と同じレンズを持ってると言う方がいたんですけど、
ツアーの持ち物に明記されてなかったから、
家に置いてきちゃった!
持って来られなかったじゃないか!って言って、
ツアコンさんに猛烈にクレーム入れてるオジサンがいたんです。
もう、みているだけで、嫌になっちゃいました!」

 

「その人、三脚のマナーとかも
ものすごく悪くて・・・。
この人の写真、見たくないわあ・・って思いました」

 

って。

 

 

わたしも、最近は、
撮影をしている姿をちらっと観ただけで、
(自戒を込めて書きますが)

 

「あ、この方の写真は、技巧的にはすごいんでしょうけど、見なくてもいいわ~」

 

って、分かる瞬間が増えてきましたね^^;
(特に、大手の公園とか、
有名な季節の花が咲いている観光地とかに行くと、
顕著ですよ~^^;。)

 

このようなマインドのままだと、
誰かから「学び」を受け取ろうとしても、
恐らく、その講師の方が差し出してくださることの
「半分もそのまた半分」も、
受け取れないことでしょう。

 

 

では、「憧れの○○さんみたいな写真」を撮りたいと思った時、
どうしたら良いのでしょうか?

 

これは、わたしがしている方法なので、
ひとつの参考として捉えてくださいね。^^

 

 

先ず、「憧れの○○さん」が有名な方で、
著書などを出されている方の場合。

 

 

写真集よりも先に、わたしは、
(もし、あれば)ですが、
エッセイ集などを購入して読ませて頂いてます。

 

 

写真は最終的にはその方の
「心眼レンズ」が写しています。
なので、「いいな」と思う写真のヒントは、
「写真」にではなく、
その方の「価値観」や考え方の「視点」に
必ずあるはずなのです。

 

それを踏まえた上で、
「写真集」なり、「写真展」などに足を運ぶと、
学びが一気に深まります。

 

 

「こう言う考え方をする方だから、こう言う写真になるのだな」

 

とロジックが綺麗に繋がるわけです。

 

ここでも、写真と同じで、
「点」から「線」への視点ですね。

 

 

また、他の方法としては、
撮影や写真など、
一切関係なく、
ただ一緒に過ごすこと。

 

これは、ふらっと散歩でも、充分だと思います。
(だいたい、憧れの方たちって、忙しいものです。
時間を奪わないように細心の注意を払いましょうね^^;)

 

(かつてのわたしがそうであったように)
学びの場でもなく、
別段目的もなく尊敬する方と共に時間を過ごすことを
「時間の無駄でしょう?」と、
軽視される方も多いのですが、
一緒に数時間過ごしただけで、
自分の手持ちの
「心眼レンズ」が数本分増えるようなことがざらにあります。

 

尊敬している方の、所作、何気ない話やふるまい方を
近くで感じることは、
お店で売られている
高額な新しいレンズ以上の価値がありますよ^^

 

 

そして、写真を学ぶためだからと言って、
一緒に過ごす人は何も、
「写真家」さんでなくても良いんです!

 

 

むしろ、その枠は壊した方がいいです。

 

 

 

ここでも、「何を?」ではなく、
先ずは、「誰と?」ありきです^

 

 

さて、足早に過ぎてしまう春のお花たちの季節を・・・
わたしも一刻一秒、惜しむように大切に過ごして参りたいと思います。

 

 

あなたに、「逢いたい」と思ってもらえる人であれるよう、
「写真」を通して、私自身も日々精進してゆきますね。^^

 

 

あっ!今更の告知で、
かなり説得力がなくなってますけど、
フォトレッスンもやりますよ~!(笑)

 

お花を美しく魅せるコツ!
「みゆきグリーン」を学びたい方、
お声かけてくださいね^^
いらっしゃったら、
久々に「グリーン」に特化レッスン組みたいと思ってます!

「グリーン」の扱い方ひとつで、
「お花」の佇まいは決まります!^^

 

最初にカメラの設定の方法をお伝えして、
最後はスマホでのレタッチで調えるまでを
お伝えしたいと思います。

 

PCでのレタッチ講座に関しては、
かなりお伝えするボリュームが多いため、
お値段も普段のレッスンとは別設定とさせてください。
また、完全マンツーマンレッスンのみ受け付けとなります。

 

開催希望の方は、
下のメールフォームからご連絡くださいませ。
無い場合は、開催しません。

 

 

きょうも最後までお読みくださり
ありがとうございました^^

 

 

 

ブログの感想や、フォトレッスン・セッションのお申込み、
お写真に関するお悩みなど、遠慮なくお便りください^^
必ずお返事致します^^

☆お申込みをした瞬間から、
コトリとあなたの人生が動き出す・・・

 

あなたの「今」に添乗するLife Escortフォトセッション…
撮影所要時間 2時間 料金 30,000円

(ご希望の方には、梶原ミカさんによる「開運肌メイク」
(+5000円+交通費)をご紹介しております。お気軽にお問合せください。)

 

「きちんと、かわいい」ショップにて、ブラウスをご購入いただいたお客様は、
撮影サービス(3万円)を25,000円でご提供致します。

撮影当日は、あなたが人生の主人公。
あなたが一番あなたらしく在れるお好みの場所(都内近郊)で撮影します。
他の誰でもない、”あなた自身”にスポットライトを当てることで
自分を「もてなし」、大切に「扱う」時間を過ごしませんか?
そして、写しだされたありのままの今の自分、
あなたの魂の旅の「現在地」を正直に受け止め、内観してゆきましょう。
そして、未来のあなたを写してゆきます。
カメラマンであるわたしが、あなたの「魂の旅」にしっかりと添乗します。

撮影中は、あなたの軸の調えと、エネルギー調整を同時にしてゆきます。
こちらのメニューは、ビジネス・宣材等、集客・広告を目的とした撮影ではありません。
(ただし、撮影した写真を、SNS等のプロフィール写真としてお使い頂くことは自由です。)

 

事前にメール、ご希望の方はスカイプで、撮影場所等打ち合わせも含めたカウンセリングを行います。

お渡しする写真データは専用ソフトにてきれいに調えた後、
20枚、クラウド(Dropbox)にてファイル共有でのお渡しとなります。(納品まで2週間ほどお時間頂いてます)
お申し込みはこちらからどうぞ。。。

[ 「憧れの○○さんの写真」を超える唯一つの方法 ]写真2018/04/13 14:04

写真を「学ぶこと」「教えること」、「撮ること」「撮られること」を通して、
「人基軸」で社会に豊かさを循環できる人財を育む。
「明日、魂の仲間と出逢えるポートレート写真」をあなたへ・・・