大渋滞の三峰神社と浄化の雨

 

おはようございます^^さとうみゆきです。

 

先日、お写歩ピクニックフォトレッスンの初回で、
一眼レフのマニュアルモード撮影をマスターされた生徒さんから、

 

「みゆきさん!無事に!シャッタースピードデビューしました!
そうしたらF値も変えられるようになりました!」

 

と言う嬉しいメールを頂きました。

一般的に「難しい」と思われている(否、思わせられている?)
マニュアルモード撮影ですが、
実は一度理屈が分かってしまえば、
本当にびっくりするくらい簡単で、
わたし自身、今となっては、
マニュアルモード以外で撮影する方が、
かえって”面倒くさい”と感じるほどです。

 

 

で、この嬉しいメールを受け取った時、
わたしが何をしていたのか?と言うと・・・・

 

 

関東一のパワースポットとしても聞こえが高い、
秩父にある「三峰神社」へと向かう車中におりました^^;

 

 

翌日に『結びの男ーひとープロジェクト』の撮影があったので、
いつものように前日お清めに神社に参拝しようと思っていたところ、
その朝突然相方が、
「三峰神社へ行こう!」と言い出したので、
その流れに乗っかってみたのでした。
6年前にも三峰神社には訪れているのですが、
いやはや・・・勝手がずいぶんと違っていて、
驚きでした^^;

 

 

今後、行かれる方のために、
参考になればと書き残します^^

先ず、こちらへは車または西武秩父駅から出ている
バスでしかゆくことができません。
で、現在は観光地化してしまったために、
駐車場待ちの渋滞が激しく、
最後の2キロを移動するのに、
1時間半ほどかかります^^;

 

山道に入る前に「トイレはここで行っておきましょう!」の
親切な看板が出ているのですが、
まさかこの渋滞への忠告だったとは予想だにせず^^;
ですので、トイレへはお早めに!です(笑)。

***************************

実は、山道での
この最後の2キロの渋滞待ちの間に、
不思議な感覚を味わっていました。

「誰かにじーっと観られている氣がする・・」

車の中には相方とわたししかいません。
でも、ものすご~く、視線を感じる。

そんな中、相方が運転とこの渋滞に
疲れてきたみたいで、
「もう、引き返したい」と
言い出しました。

一瞬、「あと1キロちょっとなのに?!」と
思いましたが、
これまた不思議なのですが、
わたしの中では
「参拝はもう果たした」と言う
清々しい感覚でいっぱいなのです。
なので、
「いいよ、いつでも引き返していいよ^^
かえろ、かえろ!^^」
と、返事をしました。

山道に入る前の麓で、
家族経営の美味しいうどん屋さんで
とても親切にしてもらって
なんだか心はとても満足していたし、
参拝自体が、
きょうの
「目的」ではないような氣がしていました。

のろのろ動く車の脇を、
おそらくはドライバーさんを車内に残し、
あるいは、車を降りて、
歩いてゆく人たちがいました。

暑さで不機嫌そうに歩く人。
どうして歩かなくちゃなんないの?と
怒っている人。
楽しそうな子供たち。
喧嘩しているカップル。

人の感情の氣配とは、
こんなにも濃いものなのだと言うことが
手に取るように伝わってきました。

その時、思いました。

「あ、参拝って、行くと決めた瞬間から
見られてるんだ!」って。

本殿の前で、どんなに取り繕っても
日々の一瞬一瞬の自分を、
神様は、ぜーんぶ、
お見通しなんだなあって。

最終的に引き返すことなく、
目的地に到着し、
本殿に参拝することが出来たのですが、
心の中では、すでに参拝を終えた感は
満ち満ちており、
お礼と明日の撮影の御祈願とを
さらりとすませ、
境内に長居はせずに
車に戻りました。

 

帰り道・・・
ものすごい雷雨。
もう、ワイパーが追い付かないほど・・
一歩間違っていたら、
車が水没してしまうくらいの危険な雨でしたが、
神社を早めに出発したのと、
雨に遭遇したのが秩父の街中でしたので、
難儀せずに済みました。

帰宅し、テレビをつけると、
この雷雨のことが大ニュースになっていました。

 

 

 

☆自分を「満たし」・「調える」フォトレッスン開催中です。
詳細はこちらからどうぞ^^

にほんブログ村 写真ブログへ
[ 大渋滞の三峰神社と浄化の雨 ]お写歩フォトレッスン,徒然2017/07/19 08:46