わたしが写真をもっと学びたいと思った動機とは?

こんにちは、さとうみゆきです^^

 

先週末から明けて今週、
お友達からの「香り」の贈り物が続いています。

 

高知のMさんからは、ラベンダーステイックを。
京都のKさんからは、自家製のカモミールジャーマンとサシェを。
それぞれ頂きました。

 

香りの素晴らしさは言うまでもありませんが、
ラッピングをほどいた瞬間、
あたり一面に放たれた
優しい思い遣りの芳しさと言ったら・・・。

 

人の想いがそこに感じられる手作りの品には、
人の心にまっすぐに届く、
独特の「香り」があるように思われます。


 

もともと手先がさほど器用ではなかったわたし^^;

 

今から10年くらい前・・
そう、「ハンドメイド」がこれからブームになる・・と言う
ちょうどその頃ですが、
仲良しのお友達からときどき頂く、
大量生産のお店ではぜったいに買えないようなハンドメイド品を頂くたびに、
「わたしも、手作りの品で何かお返しが出来たらなあ・・」と、
ちょっぴり心苦しい思いをしておりました。

 

 

そんなとき、たまたま、頂いた作品の写真を撮り、
感謝の氣持ちとしてポストカードにしてお相手に贈ったところ、
とても喜んでもらえたことがありました。

 

わたしは、
「わたしにも、創り手への尊敬と感謝をカタチにしてお返しする術が見つかった!」と
単純に嬉しかったのですが、
今になって思えば、
わたしが写真をもっと学びたいと思った動機の原点は、
そこだったのかもしれません。^^

 

 

その氣持ちのまま、
氣づけば雑貨店で、作品の写真撮影の仕事を6年も続けてしまったのですから^^

 

 

きょう、頂いた「香り」の贈り物を撮影しながら、
大切な自分の写真への原点を、思い出すことが出来ました。

 

 

 

☆7月3日、自宅サロン「雲の天使」にて、
スマホdeフォトレッスン開催します。
残席2名様です。
詳細は、こちらからどうぞ^^

[ わたしが写真をもっと学びたいと思った動機とは? ]お写歩フォトレッスン2017/06/26 13:22