醤油部の天地返しに行ってきました!

 

 

こんにちは、さとうみゆきです^^

 

8月13日。

今回、実家への帰省に合わせ、
今年の春に入部して以来、
ずっと挑戦したかった、醤油部の「天地返し」をするため、
醤油部主催のあづうこと、
小林 あづささんの伊那のご自宅を訪ねました。

樽を覆っていた布が
解かれた瞬間の、
なんとも言えない
大豆の甘い香り…。
それは、普段、
私たちが何気なく口にしている
お醤油と言う調味料に
確かに含まれている
芳醇さ。
まだ、微かで、若いのだけど、
神秘な自然の力を借りて、
一歩、一歩、
豊かに満ちてゆく…
その過程に立ち会えたことは、
わたしにとり、
生きる希望でもありました。
 
「天地返し」を終えた後、
かねてから気になっていた
あづうの御宅と工房に
お邪魔させてもらいました。
 
家はそこに暮らす人そのものだと言うけれど、
まさに、言い得て妙。
そんなお家でした。
あづうが、
「この薪ストーブは、
〜〜さんのお陰で設置できた!」
「この本棚は、〜〜さんから
頂いたの!」
と、嬉しそうに話すのを
聴きながら、
 
また、畑では嬉々として、
 
「この野菜は大家さんが植えてくれてね…」
 
なんて話すのを聴きながら、
普段の彼女から感じられる
真の謙虚さが、
いつも
何処から生まれて来るのか、
ずっと知りたいと思っていたけれど、
それを垣間見れたように感じました。
「生かされている」ことへの感謝。
そして、彼女自身も、
自らの居場所で、他を、
「生かしている」と言う、
それ以上でも、
それ以下でもない
信頼を土台に
立っているから、なんだろうな。。
最近、
わたしがわたしを
これまで
“謙虚風”にたらしめて
きたものは、
全部、自分の傲慢さや、
つまらない優越感を
覆い隠し、ごまかすためだったのかもしれない・・・
そう、腹落ちし、
自分が必死に作り上げてきた
自分の影のペルソナに
嫌悪し絶望したばかりだったんだけど、
いつもどうして、
あづうに会うたびに、
すごく安らぎ嬉しいのに、
自分の「偽物臭」に
自分のことが、
嫌で嫌で
たまらなくなるのかが、分かった氣がしました。
とは言え、
それに絶望しっぱなしでは、
「シャドウ」の思う壺ですから。
過去に、なんらかの理由で
傷ついた感情を
隠すため、自分を守るために
生まれたわたしの影の声を、
しっかりと、ここから聴いてゆこう。
そう、決めたから。
これは、他の誰かには、代わりができない、
わたしにしかできないことだから。
そんな、
今のわたしで臨んだ、
「天地返し」でした。
 
っと、話がだいぶ
それてしまいましたが、
この広い世界の
誰かひとりにだけでも、
何かお役に立てたなら
嬉しいです。
 
醤油部は随時メンバー
募集中です!
来年の春に
絞り立てのお醤油を
共に味わいたい方!
小林あづささんまで、
ご一報ください。

*****************

目黒のテイーサロン「Lib Contents」さまにて、

☆『感性の絵の具をふやし、あなたのイメージ通りの写真を撮るフォトレッスン』

を開催します。
お店のブログにもご紹介していただいてます^^

店内にて撮影したあなたのポートレイト1枚プレゼント&
美味しい紅茶とスコーンつきですよ~^^かなりお得なレッスンです^^

費用7600円

残席3名様です。

 

☆お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。^^
折り返し、レッスン費のお振込み口座のご案内等送らせていただきます。
一週間以内に連絡が来ない場合は、inorinotenshi@gmail.comまで直接ご連絡くださいませ。

にほんブログ村 写真ブログへ
[ 醤油部の天地返しに行ってきました! ]徒然,未分類,氣づき, 2017/08/13 11:46