カメラマンの頭の中を覗いたら・・・?!

IMG_3924

 

ゴールデンウィーク直前の1週間が始まりますね^^

おはようございます^^

あなたの魂の旅に添乗するカメラマン
お写歩フォトセラピストのさとうみゆきです。

前に、「みゆきさんが写真を撮ってる時の頭の中をみてみたいです」

と言う風なことを、言われたことがあるのですが、
(わたし自身も、この台詞、実は他の方に言ったことがあるのですけどね?^^;)
それは”パカっ”て、頭の中を開いてみせるって意味ではないことは、
百も承知^^;

で、きのう撮りながら、
「それって、こう言うことなのかな?」と思ったので、
撮影時にわたしに起きていることを、
たどたどしいですが、言語化してみたいと思います。

一番上の写真は、『春雨に煙る沼』と言うタイトルで、
昨夜SNSにアップした写真です。

通常はあまりしませんが、
撮影現場をご覧下さい^^

 

IMG_3911

実際は、こんな場所です。

昨日、日帰りで温泉に行ったのですが、
施設のパーキングの片隅に、ここがありました。

一見、なんてことない場所なのですが、
見た瞬間に、”どうしようもなく”氣になったんですね。

5分か、もう少し長かったかな?

ひたすら、この場所に立って眺めてました。

この場所の、
何に自分がそんなに惹かれるのか?
魅せられるのか?
引き付けられたのか?
どこが好きなのか?

ひたすら、ひたすら。
感じ、観じる。

その間、カメラには触れず、写真は、撮っていません。
(自分の感覚に集中したいので。)
でも、場合によっては、1枚、ぱっと撮影する場合もあります。

IMG_3923

そのうちに、わたしが「見る」より先に「観ていた」ものが、
ぼんやりと、分かってきます。

そうなってから、初めてカメラを取り出して、
ある程度の色味は定めてシャッターを切り、
その後は、感覚に焼き付けたイメージを元に、
自宅に帰ってから、データの調えとなります。

そして、最終的に、

IMG_3924

 

こうなったわけです。

フォトレッスンでも、本当に伝えたいのは、
実は、こう言うことなんですよね^^;
突き詰めてゆくと、ほぼ、「撮る」以外のこと。

でも、5分も10分も、
何もしないで、ただ氣になった場所に立って眺めてくださーい・・・
って、人によってはどうなのかなあ?
もっと、「フォトレッスンやってるよー感」のある内容を
提供しないといけないんじゃないのかな?

そんなジレンマの中で、
なるべく、おひとりおひとりの美的感性を大切に、
技術に偏らない内容でお届けしてきましたが・・・。

この頃思います。

カメラや写真や撮影は、
わたしが伝えたいこと、したいことを、
世の中に表現するツールに過ぎないのかも知れないなあって。

********************



通常の「お写歩フォトセッション」は、
現在、ご紹介様のある方、及び
リピーター様のみの受け付けとなっております。




まだ、一度もプロカメラマンに撮影された経験のない方、
お仕事用の写真がご入用ではない方は、
先ずは、お写歩ファーストステップをご利用ください^^



あなたの「魂の旅」の現在地を
わたしと一緒に「撮る」ことで確認しましょう^^


自宅サロンに遊びに来るような気持ちで撮影に来られてくださいね^^



データ6枚のお渡しで7000円です^^


詳しくはこちらをご覧くださいませ。
http://kumoten.raindrop.jp/photo.html



**************************
お写歩オンラインフォトレッスン
3枚1000円で出し惜しみなく
アドバイス致します♪
お写歩ピクニックフォトレッスン
マニュアル撮影をマスターし、
撮りたいものを撮りたいように撮れるようになります!
お得な3回コースのプライベートレッスンです。
(13000円)
随時受付中です^^
*こころと写真のアトリエ*雲の天使HP

http://kumoten.raindrop.jp/index.html  

 

にほんブログ村 写真ブログへ
[ カメラマンの頭の中を覗いたら・・・?! ]写真,徒然2017/04/24 11:35