何に出すか、何を出すか?これからどこに向かうのか?

3272f080.jpg

 
 
 
 
 
 

「嫌なこと、理不尽なことも、給料の内だぞ」

昔、昔、20数年前に
会社員をしていた頃、
職場での愚痴を、
父にこぼしたことがありました。
その時に、まっさきに言われた言葉が、これ。

「嫌なこと、理不尽なことも、給料の内だぞ」
その言葉に、
行き場のない「やるせなさ」を感じながらも、
わたしは、「そうだよね、確かにね」と、
ある種の不健康な「慰め」を見出し
過労で倒れ、入院までしながら、
辛くハードな仕事に耐えていたのでした。
「お金は苦労してこそ稼ぐもの」

「仕事でどれだけ嫌な思いを我慢できたかと、
お給料の額は比例するべき」
「商品の価格は、
プロセスに苦労と苦悩、
危険が多いモノの方が高額であるべきである」

わたしは、
これらの確固たる思い込みにどっぷり浸って
長い間、生きてきたわけです。

その長年の思い込みのパラダイムが
ひっくり返ったのは、
自らが起業し、
「新しい価値観」で生きる仲間たちと
出会ってからでした。

彼らは、「苦労」や「大変」さ、
「危険度(リスク)」
「苦悩」、「不快感」が、
モノの「価値・価格」を決める基準ではなく、
「どれだけ自分がそれを楽しんでいるか」
「どれだけ自分がそれをすることが好きか」
「どれだけ自分がそれをしていて心地良いか」
を基準にして自分のサービスの「価格」を決めていました。
はじめ、この「新しい基準」に対して、
あからさまな「不快感」そして「抵抗」が生まれました。

だって、自分が「こうあるべし!」と思い込んできた基準と
「真逆」だったわけですからね(苦笑)

ここ20年ほど、
「引き寄せ」や「波動の法則」
そこそこ学んでおりましたので、
「出たものは戻る」や、
「自分が発したもの(感情)を引き寄せる」と言うことは、
頭ではわかっていたつもりした。
が、こと自分のサービスの「価格設定」に関しては、
「嬉しい」、「楽しい」、「大好き」
基準にすることに、罪悪感を覚えていたのです。

最初、
「自分が出したものは戻る」の価値観を、
「後から戻って来て欲しいから、
とりあえず(なんとなく不満でも)払っておこう!」
と捉え・言い聞かせながら、
何らかのサービスにお金を支払っていた時期もありました。
「戻ってこさせる」ために「支払って」いたんですね。(笑)
もう、これね、(今は分かるんですが)超、本末転倒ですよ。
これまたね、
その「真実」の法則を利用して、
以前のわたしの「次元」でそれを捉えている方を対象に
商売をしている方達と言うのも、
見ていると、
実際まだまだ沢山いるんですよね。

そう言う方達は、
「自分が豊かになりたかったら、
先ずは、自分から払いなさい!(出来ればわたしに!!)」
「お金のブロック外しなさい!」
と、
とにかく大仰に言います。

これ、確かに嘘じゃないけど、
(むしろ真実なのが厄介^^;)
「一番大切な部分」がね、隠されてる。
そこに気付かないと、
いつまで経っても、
あなたは単に「搾取」される人になっちゃう。

「大切な部分」・・・
それは、「先ず、払いなさい」と言ってるその方が、
実際に日々、どれだけ「満たされ、調って」いるか?
そこをしっかり見抜けられるかどうか、なんですね。

で、見抜くためには、自分が

「満たされ、調って」ないと、駄目と言う・・ね?^^;
悩ましいでしょう?
何らかのサービスを提供しているその方が、
「まだ足りない」と言う「恐怖」から、
オファーを発している時は、
あなたはその方の「恐怖」にお金を支払ってしまうわけです。
そして、あなたに戻って来るのは、
「不足の恐怖」に価値を払ったわけですから、
当然、同じ「足りない」と言う「恐怖」になる。
シンプルでしょう?^^;
これは「金額」が高いからとか、低いからとか、
まったくもって関係ないです。
では何故、わたしが
「お金は苦労してこそ稼ぐもの」



「仕事でどれだけ嫌な思いを我慢できたかと、
お給料の額は比例するべき」




「商品の価格は、
プロセスに苦労と苦悩、
危険が多いモノの方が高額であるべきである」

この思い込みを手放すことが出来たのか・・・・

それは、
「好きなこと」



「楽しいこと」



「嬉しいこと」
を自分がすることを、
とことん許したから。
それをしても良い自分なのだと、
それをするだけの価値がある自分なのだと、
徹底的に自分を可愛がって、もてなした。

また、どんなに「醜い」感情も、
感じるままに、「それ感じていいよ!」と、
OKを出してみた。
それだけ。
え?それで?それだけで?

って思うかも知れませんが、
本当に、

それだけ。^^;

*もちろん、そうなるには、自力だけでは無理だった。
思い込みを手放すサポートをしてくださった沢山の方の力も借りたし、
タッピングとの出会いも大きかったです。
 

そうしたら、

「本当に楽しんでしている人」


「本当に好きでそれをしている人」


「本当に嬉しくてそれをしている人」
が観えるようになってきた。

で、そう言う方たちと関わって、
その人たちのサービスを受けるのに、
心から喜んでお金を支払っていたら、
何故か自分のところにも、
同じように心から喜んでサービスを受け取って下さる方が
自然と集まるようになってきたのです!
その流れの中で、
わたしの「お金」に対する価値観はますます変化し、
誰かの本気の「好き」と「楽しい」と「嬉しい」に比例した
「対価(お金)」を支払うことが出来るようになってきたのです。

そして、同時に、
自分のサービスを人に届けることにおいて、
いかに自分がそれをすることが
「好き」で「楽し」くて「嬉しい」と感じているかを基準にして、
「価格」を設定することに、なんら抵抗がなくなった。

そう、つまり、

「好き」が大きいほど、価格も高くなる。
「楽しい」が大きいほど、価格も高くなる。

と言うこと。

だって、わたしもそうであったように、
サービスを受け取ってくれた方の未来が、
豊かになってゆくことに確信が持てたから。

いまは反対に、
「どれだけここまで苦労したか」
「どれだけここまで苦悩したか」
に、「価格基準」を置くことを、
あまりしなくなってきたなあ・・と思います。

これが手放せると、
お金を頂くのに「苦労しなくちゃ」とか
「大変なところ見せなくちゃ」みたいな
自分の「思い込みのドラマ」を上映することがなくなってゆくので、
クライアント様をそこに巻き込むことがなくなってゆき、
いまは、仕事をすればするほど、
わたしもクライアント様も、
どんどん楽になって来ています。
「楽しい」


「嬉しい」


「気持ち良い!」

わたしはこれから、
よりそこに本気のコミットをしてゆく。

そして、

そこに価値を感じられる仲間と、
これからもっと、もっと、
繋がってゆきたいな。
そして、そんな世界を
「いま、ここ」から、もっともっと、
創ってゆこう。。。^^

 ***********************

次回のマインドフルネスミラクルタッピング®
スペシャリスト養成講座は?!

******************


12月11日(日曜日)に、自宅サロン(東京都国立市内)にて、
マインドフルネス(ミラクル) タッピング®スペシャリスト養成講座
開講することに致しました^^







この講座を終え、スペシャリストの資格得た後は、
クライアント様に対して、
有料でのセッションをして差し上げることが可能となります。







ですが、何より、
「感情別タッピング」や「引き寄せタッピング」をご自身で行えるようになるため、
いつでもどこでも、この身ひとつあれば、
自分の感情を、また、大切なご家族の感情を、
フラットに保つ「ツール」を持つことが出来る。





そのことの意味が大きいかと思います。






「いま」を穏やかに幸せに過ごせていますか?

「過去」に囚われ、「未来」の不安に心が占領されていませんか?

「いま」を満たし、調えること。





これからの人生を心地よく生き抜く「鍵」が「いま」です。






2016年は、肉体レベルでも、意識レベルでも、
私たちはいろいろな意味で変革の時を迎える
と言われています。
その変化を後押しするツールとして、
マインドフルネスタッピング®を学ばれるのはいかがでしょうか?




一度学べば、
一生使える、
あなたの人生を支えてくれるツールとなることでしょう。。。





講座ではタッピングの「やり方」のみならず、
自己受容感の高め方や、
日々を過ごす「在り方」の方に、
より重きを置きながら
プログラムを進めて参りたいと思います。







残席2名様です^^






お申し込みは、以下のフォームからどうぞ^^

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e949e3a9418749  

[ 何に出すか、何を出すか?これからどこに向かうのか? ]徒然,氣づき2016/11/27 11:58