鳥の糞が教えてくれたこと

おはようございます^^さとうみゆきです。

 

昨日の夕方、武蔵野線から南武線に乗り換えるため、
府中本町駅のホームで電車を待っていたときのことでした。

 

突然、頭の上に
「ぴしゃんっ!」
と、軽く何かが弾け飛んだような衝撃に見舞われました。

 

自ずと顔は衝撃が”もたらされた”と思わる方向に・・。

 

すると、空には太陽。
夕立の可能性は、ない。

 

ん?んんん~~~~???
何が頭の上に落ちたんだ?

 

頼りなく、けれども、確信的に、彷徨う目線。
次の瞬間、わたしは、ようやく、頭上に一羽の鳩をとらえたのでした。

 

「わたしは、どうやら、この鳥の糞に当たったんだな!」

「いま、わたしの頭の上には、鳩の糞がついているんだな!」

 

 

スマホカメラを自撮りモードにして、
頭を写してみると、案の定。
べったり、ねっとりと、糞が前髪にまで絡みついているではありませんか!!^^;

ここで、

 

 

「ぎゃあああああああ!!!!!!」

 

と、半狂乱になるのかな?と思ったのですが、
糞を自覚したとき、自分でもまったくもって意外だったのですが、
腹の底で、言い知れない「安堵感」?
のようなものを感じている自分がいたのでした。

 

 

それはあくまでも「歓び」の類とは違うものの・・・、
強いて言えば、「好奇心」みたいなもの?だったと思います。

 

 

「鳥の糞」が頭に命中するなんて、生まれてこの方初めて!
つまり、「過去」に「感情」への「反応」のパターン(ジャッジ)がない出来事。

 

鳥の糞が、頭の上に当たるってこんな感覚なんだな。

髪に絡みつくと、髪がこんな風になるんだ。

匂いは意外としないんだな。

温度はさほど高くないんだな。

 

 

 

そんなことに感じ入ってるうちに、
あと少しで電車に乗らなくちゃいけない!
これを見た周囲の人は嫌な思いをするであろうから、
きれいに拭かなくちゃ!
このままでは、変な目で見られるよね?
嫌われるかも知れないよね?
ひゃ~~~。どうしよう。
鳥の糞に当たったわたしってば、最悪~!ダメだわ~!

 

 

・・・みたいに慌てはじめ、リュックの中からテイッシュを出して、
急いで拭いたのでした。

 

 

電車に乗りながら、
この出来事を振り返っていました。

 

たまたま、過去に前例のない出来事が起きた。

その前例のない出来事からもたらされた感情も、初めてのものだった。

初めての感情には、良い悪いと言うラベルをわたしはつけていなかった。
むしろ、興味を持って、味わおうとしていた。

そこに、自分の外側の視点(他人の目)が入った時、
これまでの経験から来る判断(ジャッジ)がなだれ込んできた。

 

それを「悪い・よろしくない」と決めた自分が急に騒がしくなり、
自分を取り繕い始めた。

 

 

あーーーーー。こうやって、今まで生きて来たんだなあ・・・。
こうやって、今の自分の価値観が生まれ、
行動がパターン化されてきたんだな・・・。

 

 

本来、人は、出来事からもたらされるさまざまな感覚を、
純粋にのびやかに楽しむことが出来るんだなあ・・・。
そして、それを「本質」は望んでいるのだなあ・・・。

 

 

「体験する」、「感じる」って純粋な歓びなんだな。

 

 

「考えるな」「感じろ」って、こう言うことだったのか!

 

 

 

なんか、それらのことが、雪崩のように、
一気に自分の中に流れこんできて、
ただただ、何かこみあげるものに、包み込まれていました。

 

 

 

でもね、こんなこと(予想も出来ない、現状の外側の出来事)がなければ氣づけないくらい・・・

 

 

それぐらい、わたしたちの「感じる」純粋な歓びって、
フタをされて、フィルターがかかってしまっているんだってこともしみじみ分かって。
しばし、唖然としました。

 

 

この出来事が、これからどんな風に、
わたしの中で熟成してゆくのか・・・
ちょっと楽しみです。^^

 

 

 

直近のフォトレッスンのご案内です^^

*****************

目黒のテイーサロン「Lib Contents」さまにて、

☆『感性の絵の具をふやし、あなたのイメージ通りの写真を撮るフォトレッスン』

を開催します。
お店のブログにもご紹介していただいてます^^

お洒落な店内にて撮影したあなたのポートレイト1枚プレゼント&
美味しい紅茶とスコーンつきですよ~^^

費用7600円

残席3名様です。

 

☆お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。^^
折り返し、レッスン費のお振込み口座のご案内等送らせていただきます。
一週間以内に連絡が来ない場合は、inorinotenshi@gmail.comまで直接ご連絡くださいませ。

[ 鳥の糞が教えてくれたこと ]徒然,氣づき, , 2017/08/23 08:53