ここひと月くらいのこと

Scan10146

きょうは、立秋。こんにちは、さとうみゆきです^^

太陰暦の手帳を使いはじめて2年になりますが、

古から脈々と受け継がれてきた「和暦」の「リズム」を意識して暮らし始めてから、

ささやかな「季節」の変化に、よりいっそう敏感になった気がしています。

ちなみに、「立秋」と言うのは、「きょうから秋だよ!」って意味ではなく、

どちらかと言うと、「きょうが、夏のてっぺんだよ!」と言う意味なのです。

そう、きょうが暑さのピークですよ~ってこと。

なので、「立秋」って言っても、ぜんぜん涼しくないし~(;´д`)

と言うのは、実は、違うんですね^^

でもまあ、この日を境に、少しずつ、少しずつ、

秋の気配が忍んでくることは確かですよ~^^;

きのう、かねてから準備を進めてきました、facebookページ、

「I am here ~素顔のチカラ~」をようやく公開することが出来ました。

たくさんの声援や、温かなお気持ちをいただき、

本当にもう、感謝しかありません。

ずっとやってみたいと思っていた、わたしの夢のひとつのカタチです。

大切に温めてゆきたいと思います。

このところ、いろいろなことに、

すごく素直に、貪欲に反応、行動するようにしているので、

昔からわたしのことを知ってくれている方は、

ちょっぴりびっくりしてるんじゃないかなあ・・^^;と。

なんかね、「みゆきさん、どうしちゃったの~?」的な気配を

そこはかとなく感じたりもするものですから、

きょうは、そうなった訳を少しお話しようかな・・と思います。
(一部の方には既にお話した内容ですが^^;)

ちょうどいまから1ヶ月くらい前のこと。
7月半ばに開催した写真展の準備もこれから忙しくなる・・と言う時期でした。

前の晩、いつものとおり、
予定ぴったりで「生理」が来て、そのまま就寝。
特に変わらぬ一夜を過ごした朝のこと。

起き上がってトイレに行こうと歩き出したわたしを、
未だかつて味わったことのないような、
腹痛が突然襲いかかりました。

とにかく、痛い。声も出せない。
身体からは、次々と玉のような汗が噴き出してくる。
でも暑くない。むしろ、顔は氷のように冷たくなって、痙攣してる。
足も震える。

冷房で、お腹が冷えたんだろうか?
と思いきや、痛みのある場所は
腸ではないんですね。そう、明らかに子宮なのです。

救急車を呼ぼうかどうしようか、ギリギリまで悩んだのですが、
(と言うか、あの状況では救急車にも乗れなかったと思います^^;)
そのうちあまりの痛みで失神したのか、
2時間くらい布団に倒れ込んでいたみたい。

意識が戻ってから、
そろそろと近くの婦人科へ。
至急検査をすると、ドクター曰く、
「3つほど、筋腫らしきものがありますね」とのこと。
でも、「ただ・・・」と、ドクターが次に続けた言葉に、
わたしはしばらく呆然となってしまったのでした。

「2つは大丈夫そうですが、残りの1つがね・・
詳しく検査してみないとなんとも言えないですが、
もしかしたら、悪性肉腫の可能性があるかも知れない。」

「アクセイニクシュ」・・・って?!

ひょっとして、ガンってこと?!

わたし、死ぬってこと?!

脳内のシナプス回路が、壊れたレコードみたいに
プスプスと途切れ途切れになって、まとまりません。

現状が飲み込めずに、頭が真っ白になりました。

人間って、あまりに途方もないことを聞いても、
それを現実として受け止められないんだなってことが
その時、実体験としてはじめて分かりました。

「生理」中は、腫瘍マーカーの検査が出来ないとのことで、
1週間後再び病院へ。
精密検査をし、その検査結果が出るまでの期間は、
約10日。

この間、ほんとうに、いろいろなことを考えました。

もし、検査の結果が「陽性」で、
あと半年の命なんて告知をされたらどうしよう・・。
写真展参加出来るかな?
手術とかするのかな?

また、

いま、死んで、
後悔のない人生だったと言えるだろうか?
したいこと、やりたかったこと、
十分に味わいつくしたと言えるだろうか?

折しも、検査結果を待つ期間に、
写真展が開催され、
ずっと受けたかったビジネスコンサルのプログラムがスタートし、
遠方から、近場から、
ずっと会いたかった人が逢いに来てくれたりと、
体調のことを気にする暇もないくらい
目まぐるしい1週間を過ごしました。
でも、それでかえって良かった。
そうでなかったら、恐怖でどうにかなってたかも。。。

その間、出逢えた人、ご縁をいただいた人との時間が
ほんとうに愛しくってですね・・・。
だって、もう次は会えないんじゃないか?って
思っちゃって。

人との関わりが、
こんなにも優しく温かく感じたことって
今まであっただろうか?って思いました。

そんな時間の中、
少しずつですが覚悟したのは、
結果が「良く」ても「悪く」ても、
これからは、やってみたいことを、とにかく、やってみよう!
人をもっと大切にしよう。
自分のことを、責めたり、卑下したり、
虐めるのは、、もうやめよう!と言うことでした。

7月24日。病院で聞いた結果は、
有難いことに、幸い「陰性」。

正直、ほっとしました。
でも、治療は必要とのことで、
現在は、半年間の点鼻薬の投薬治療をしております。

40代。
もう、何が起きてもおかしくはないお年頃ですが、
今までは、どこか絵空事のようだった「死」が、
すごく現実味を持ってわたしに迫って来た1ヶ月でした。

「もしあと半年しか生きられないとしたら・・」が、
なんとなくの想像、お遊びの思考ではなく、
本当に本当の現実思考になったこと。

そのことが、わたしを少々荒っぽく、
だけど、大きく変化させてくれました。

「人間いつかは死ぬ」。
いま、生きてることって、当たり前じゃないんだな。

だから、失敗しても
笑われてもいいから、
とにかく、してみたいこと、やってみよう!

これが、わたしのたどり着いた答えです。^^

だから、思いっきり、やります^^

 

*****************

世界にたったひとつの
わたしの心のレンズが
あなたの内なる「美と自信」を映し出す!
「写真」と「言霊」で逢いたい人を引き寄せて
人生が楽しくなる
お守りポートレイトコンサル

『縁結びフォトコンサル』募集中です♪

8月25日(火曜日)スタート
(夏休みやお盆を挟むため、開始を当初よりも遅くしました。^^)

現行モニター価格 30,000円50,000円

残席3名となりました。
 

にほんブログ村 写真ブログへ
[ ここひと月くらいのこと ]氣づき2015/08/08 15:24