その経験は、その人にとっては必要なもの

おはようございます、さとうみゆきです^^

 

昨夜激しい雨と風をもたらした台風5号ですが、
あなたの暮らす街はご無事ですか?
東京は幸いにして、大きな被害も出ていないようです。

 

 

☆☆☆

 

 

さて、自分が過去に経験してきたことで、

「これは正直、やるんじゃなかったなあ・・」

とか、

「かえって、遠回りしちゃったな~・・」

 

と、多少なりとも悔んだり、残念に感じていることを、
いま、まさに、自分と近しい人が選択しようとしている時、
あるいは、既に選択してしまった時、
あなたなら、どうしますか?

 

 

わたしは、これね、どうーしても、

 

「あーあーあー。そこー。やっちゃうのか~?凹」

 

とか、

 

「やめた方がいいんじゃないかなあ・・・?」

 

とか、選択前だったら、自分の経験と照らし合わせて、
ついつい言ってしまったり、思ってしまったり、するんですよ。
「老婆心」、ですね。

 

 

今朝もね、そんな一コマがあって・・・。

 

この場合は、すでに「選択」を済ませていた後のお話だったので、

 

「そっかあ・・・。でも、それ、最終的にはどうだろうなあ・・。」

「後で、後悔しないと良いけどなあ・・」

 

なんて、思ってた。

 

 

でもでも・・これって、ほんと「余計なお世話」なんですよね^^;

 

確かにわたしは、自分の経験上、それを選択し、
「後悔」したのかも知れない。
「遠回り」したと感じたのかも知れない。

 

でも、その経験が「無駄」だったのか?と言えば、
決してそうではないわけで・・・

 

「無駄」ではなかったと言えるような、
その後の人生を、今、歩んでいられる自分が居るのも真実なわけで。

 

これってつまり、これってつまり・・・

 

 

今も、わたしがわたしに、トライ&エラーを、
心底、赦せてないってことでもあるわけだ。

 

 

「その経験は、その人にとっては必要なもの」

もっと言えば、

「誰の身にも、起きる出来事は、すべて最善」

を信頼出来ていないってことなわけだ・・。

 

 

まだまだ、正解が欲しいんだね、わたし。
「正しさ」が欲しいんだね、わたし。
安心、したいんだね、わたし。
自分と関わる人が、傷つくのが嫌だし、
少しでも笑ってて欲しいんだよね、わたし。
そして、そんな人たちの中で、
わたし自身も笑っていたい。。

 

エゴ・・・なんだけどさ。

好き、で、大切、なんだよね。

 

そんなこと、氣づいて、はあ~ってなって、
さあ、きょうも、また、このまんまのわたし、
抱えながら、生きるか!って・・・
そんな感じの朝です。^^;

 

 

*****************

目黒のテイーサロン「Lib Contents」さまにて、

☆『感性の絵の具をふやし、あなたのイメージ通りの写真を撮るフォトレッスン』

を開催します。

店内にて撮影したあなたのポートレイト1枚プレゼント&
美味しい紅茶とスコーンつきですよ~^^

費用7600円

残席3名様です。

詳細はこちらをご覧ください^^

[ その経験は、その人にとっては必要なもの ]氣づき, 2017/08/08 10:01