”ある”前提と言う思い込みの上塗りループから早く抜け出しましょう^^

 

おはようございます^^
さとうみゆきです。

 

「ある」前提と「ない」前提。

 

「ない」前提からいくら行動しても、
いつまでたっても、自分が望む「ある」は手に入らないって、
聞いたことはありませんか?
いわゆる、「引き寄せの法則」なんてのを
学ばれた方にとっては、これ、「耳にタコ」的な
おなじみのフレーズだと思います。^^

 

 

たとえば、あなたがいま、ものすごく「お金」が欲しい人だったとして、

 

「お金がなくならないように、お客様を集めなくちゃ!」

 

と、未来への「恐怖」を根底にして行動をとっていたら、
どんなに顕在意識で威勢よく「お金を集める」行動をしたところで、
ますます現実、現象となって現れるのは、
「お客様が集まらない恐怖」の方、と言う意味です。

 

 

「お金がなくなら”ない”ように」。

 

 

前提が”ない”だから、生まれるのは、やっぱり”ない”状態なわけです。

 

 

まあ、これはわたしの経験上も、その通りだなあ・・と思います。

 

 

で、じゃあ、どうすればいいの?となった時に、
あなたは”こんなこと”を誰かからたまたま耳にするんですよね^^;

 

 

 

「ある」前提で行動しなさい!って。

 

そこであなたはこう考えるのです^^

 

「いま、私にはお金がある、そう思って行動してみよう!」って。

 

 

ここで(過去のわたしも含め)
たくさんの方が、意味をとらえ間違えて、
勘違いしちゃうんですよね。^^;

 

 

「そうか!じゃあ!”ある”ってことにして、お金を使おう!」

 

 

って、ね^^;

 

 

 

それで、実際に、お金を使ってみる。
(そんなとき、おあつらえむきに、
というか、需要と供給の一致で、豊かさを得たいなら先に使いましょう~!
みたいな、セミナーとか、講師とか、どんどん、どんどん、目の前に現れるしね^^;)

 

 

 

でもね、これ、「ある」前提とは、
まるでかけ離れたことだったなあって、今は、ちゃあんと、わかるんです。

 

 

 

これはね。「ある」前提ではなくて、
単なる、「ある!」って思い込み!(泣)
そもそも「ある」と思い込んで行動すること自体が、
すでに「ない」前提のまま行動しているのと同じだった・・・ってわけ。
(なんで、こんな当たり前のこと、分からなかったんだろう~って今は思うのですけどね?^^;)

 

 

これ、極端な話、

「わたしの背中には、翼があるの!”ある”前提!だから飛べるはずっ♪」と言って、
10F建てのビルから飛び降りようとしてる人と同じってこと^^;

 

 

では、本当の「ある」前提って何なの?と言うと、
ものすごくこれが矛盾するようだけれど、
先ずは、「ない」を受け入れるってことだったのです。

 

つまり、
「ない」を受け入れた時はじめて、「ない」は「ある」になるのでした。

 

 

例えばあなたが「カレー」を作るのだとして、
お肉がなかったとするでしょう?

 

この時、いくら、
「いま、目の前にお肉がある!”ある”前提で、わたしは
鍋でお肉を炒めています!」
と、思ったところで、
お肉はない。ないものは、ない、ですよね?

 

「お肉ない」を受け入れることで、
じゃあ、買ってくるのか?
お肉、ないままで作るのか?
はたまた、豆腐を素揚げしてお肉に見立てて行く?
等の決断が出来る。

「お肉ない」と言う境遇はまったく変わらないけれど、
「ない」状態の自分ではなく、

 
「あってもなくても、どちらでも良い」状態の自分になっている、と言うこと。

 

 

 

人間関係なら、
「友達から嫌われ”ない”ようにしよう」と言う想いがあったとして、
「じゃあ、友達から最高に好かれている自分として行動してみましょう!」って、
偉い人に言われたこと、わたしにも、何度もあった!^^;

 

だけど、どうしたって、無理だった。
その恐怖は、正直、今も消えないままです。

 

 

でも、今ならわかります。

 

先ず、受け入れなくてはいけなかったのは、

 

「友達に嫌われない自分(こと)」ではなく、
「友達に嫌われる(こともある)自分」と言うことの方だった。

 

「嫌われないように」と行動しているときは、
そこに「いつ、嫌われるんだろう?」と言う恐怖しかなかったけれど、
「嫌われることもある」を受け取れたとき、
そこにはじめて、「他者容認」が生まれたのでした。

 

 

きっとね、多くの方が本当に望んていることって、
世界中の人から愛されるってことじゃなくて、
「他者を受容」して、かつ、穏やかに楽しく生きている自分自身の方、
なんじゃないのかなあ?

 

 

 

「わたしは嫌われている」と言う思い込みを、
いくら「わたしは愛されている」と言う思い込みで上塗りしたところで、
また、何かのきっかけて簡単に書き換わってしまえば、
同じこと。

 

愛されることもあるし。

愛されないこともある。

 

嫌われることもあるし。

嫌われないこともある。

 

 

どっちも「ある」。

 

 

これが、本当の「ある」前提なんじゃないかなあと、
わたしは思っています。

 

 

自分にとって、
都合の良い”ある”前提と言う思い込みの上塗りのループから、
早く抜け出しましょうね^^

 

 

あ、この「思い込み」ですが、
まったく役に立たないとはわたしも思っていません。
しっかり、時間をかけて、
不要になった概念を手放してゆくことや、
自分が心地よく生きるための概念をはぐくむことは、有益だと思います。。
ただ、そう、「時間をかけて!ゆっくりと!日々、丁寧に、積み重ねること」。

 

できたら、利害関係を超えた
信頼のおける仲間と共に、
定期的に照らし合わせ、顧みることが大切だと考えます。^^

 

現在、そんな仲間に恵まれている方は、
本当にラッキーだと思いますよ^^
どうぞ、大切になさってくださいね。

[ ”ある”前提と言う思い込みの上塗りループから早く抜け出しまし... ]氣づき2017/06/06 09:20